はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

久々に有栖川有栖

『乱鴉の島』と『46番目の密室』を読了。
ううーん、ここまで読んだ中では、有栖川有栖は、長編より短編の方が面白いなぁ。
なんか両作とも(くしくも、割と初期の作品と、近作なのですが)、長い割にはどうという事のない所に落ち着くというか、『マレー鉄道の謎』の時もやや冗長に感じたのですが、文章の巧さ、ディテールを書き込むセンスを評価した上でしかし、もう少し圧縮して書けるような気はどれもします。
ある程度の時期をおいた作品で同じような感想になってしまっているので、もはや“作風”と言う他ないのかもしれませんが。