はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

代打だ代打だ代打だ代打だギャバン!(と聞こえる挿入歌)

Beniさん
初めまして、どうもありがとうございます!
月子はボイサーと面識があるというのは覚えていたのですが、彼女の人生の目的の方はすっかり忘れておりました(笑) 言われてみれば、マクーの存在も暗躍も知っていますし、月子はボイサー探しを兼ねて積極的にギャバンの捜査活動に協力している、と解釈した方が確かに納得ですね。
11話がその辺りをぶったぎったまま終わっていたので、その後いきなり乗馬クラブとかに顔を出すようになったり、小次郎と買い出しに行ったりしている月子は、いったい何がしたいのだろう、と戸惑っておりました。お陰様で、月子株が微妙に上昇です。
◆kanataさん
なるほどむしろ、シルバーの存在がメガレンジャーの正体隠しの煙幕になっている、と。……裕作さんがそこまで考えているかは別にして(笑)
ビビデビはどこまでも頭悪い扱いなので、報告していないんでしょうね……
 >「メガボイジャーの飛行ユニット作ります」って予算を確保
まあ絶対、上に企画書を提出した段階では、当たり障りのないオプションだったと思われます(笑) 気が付いたら、コックピットと手足がついていた。気が付いたら、メガシルバーが乗る事になっていた。