はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

殴り合い・宇宙

◆久仁彦さん
 >キャラクターがそのキャラクターらしさを発揮して動いてくれるのが見てて痛快でしたねー。
揉めてる時でも、力を合わせている時でも、どちらもらしさが出ている、というのがいいですよね。
 >にしても兄上は内輪で揉めてたほうが輝いてたな。
ハルクの割を一番食いそうかな……とは思っていましたが、途中で暴走ハルクを説得しようとして「俺ももう、立派な王様だぜ」みたいな感じを見せたのに、殴られている内にエキサイトしちゃう辺りは好きです(笑)
 >大人気ないツッコミをすると血を吐きながら続ける悲しいマラソンが始まってしまうので黙ります。
あはは、すみません。言われてみると「仮面ライダー」は全然平気なので、慣れって怖い……。
 >あっちで『SHIELD』というスピンオフドラマがやるのですが、ばっちり出演決定だとか。
おお、そうなんですか。それは良かった。
今のところあの人達、潤滑油ポジションが彼しか居ないですものね……。
◆橘まことさん
 >ジョージが理不尽な振る舞いを見せて、ロボットが反逆するきっかけだったんですね。
動機付けを見せると同時に、ジョージはいつもあんな感じ、というのを伏線にする事で驚きの部分を作る辺りは、当時から目をかけられるだけの事はあるなーと。
 >演出のせいかそれとも経験不足のせいか、前後の繋がり的には厳しいものがありましたが(笑
なんとなく、脚本段階での尺読みがまだ、という感じでしたね。演出の方でどうしても外せない所だけ残したら、色々唐突になってしまったのかな、と。