はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

羽ばたけ覚悟は出来てる一つになるのさ

◆さやまきさん
 >いつも楽しく拝見させて貰ってます! ゴセイジャーも展開に合った駆け足で面白いです
ありがとうございます。思えば初期の頃はこれぐらいの文章量だったなぁと思いつつ(笑)
 >流石は腐っても天使(笑)
テンション上がると羽根が生えるし、やっぱり人間より、基本スペック高いんですかね(笑)
◆ジャンさん
 >ちなみに頭部を担当しているタカ、クワガタ、マンタ、ハイパーチェンジヘッダーは玩具だとロボの顔が丸見えなんです。
おおぅ、それは……(^^; デザイン的には、合体した後の顔も微妙ですしねぇ、各ゴセイグレート……。
Beniさん
 >飯塚昭三さんの長い悪役人生の中でも、こんなに早く地球侵略に失敗したのは初めてなんじゃないですかね…
規模が大きそうな割に、あまり広がりの出ない組織だなぁ、と思ってはいたのですが……(^^; 飯塚さん起用自体が、ある種のメタなトリックだったとは(笑)
◆マジマジさん
 >やはりウォースターという設定本来の強大さとゴセイジャー5人のパワーバランスがどう考えてもあっていない
やりたかった事はわかるのですけど、幾ら何でも、ウォースターというかドレイク様を強く描きすぎましたよね(^^; もう少し控えめか科学力に頼る作戦だったらまだ納得のしようがあったのですが。
 >本物の護星界の天使はどんなバケモンだ?と考えるとそもそもウォースターごときに護星界が壊滅的被害をなぜ被ったのかわからなくなってくる。
東映ユニバースの宿命として、護星界でも、強いほど駄目人間になっている可能性……(おぃ)
 >なぜゴセイジャーがここまでよくわからん設定になったのか。
宿命系と職業系の折衷に、新しい要素を入れようとひねりを加えたら、ひねりすぎて腰を痛めた、みたいな。玩具周りに演出周りに脚本周りに、どことなく混迷の様子が窺えますよね……(^^;
◆橘まことさん
 >通常のオモチャに加え、データカードダスという二重の縛りが、今作では完全に裏目に出ているんですよね。
ダイスオーの初年度という事で、バンダイ東映の双方での試行錯誤も混乱に繋がったんですかねぇ……。
 >おそらく制作側も予想はしていて、だからこそプロローグ時点でアラタとデレプタを戦わせたのだと思いますが。
アラタとカマキリの因縁の作り方とかは悪くなかったのですが、ウォースター全体としては、どうも生かし切れませんでしたね(^^; ブレドランは隠すのか露骨にするのかちょっと半端になってしまいましたし。