はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

BVS

◆さやまきさん
 >確かにバットの理由(の掘り下げ)がやや浅いまま進んじゃったかなというのはありましたね
個人的に、バットマンの抱える情念、みたいな要素が好きというのもあって、もう少し今作としてのスポットを当てて欲しかったなぁというのがあります(^^;
 >中盤からの怒涛のバトルはずっとワクワクハラハラドキドキでした
ラスボス含めてしっかり前作越えを意識している感じで、前作でも感心したのですが、クライマックスへ向けた各種表現のエスカレートのさせ方が上手な監督ですね。
 >そして全部持っていってしまうワンダーウーマンの規格外過ぎる強さがとにかく色んな意味で強烈でしたww
そういう構造の映画なので男2人に罪は無いとはいえ、ひとり圧倒的に気持ちいいヒーローでしたね(笑)
 >ハンパにお茶を濁すことなくあそこまでやりきった
元知識が無い為に逆に凄くひねた目で見てしまって、ラストずっと、やっぱり農民に紛れているのかなぁ……とか考えていて、とても反省しました(^^;
 >あとメトロポリスの対岸にあったんだゴッサムシティ(笑)とか
隣町にあんなの居たらそれはクラーク気になる、というのがやっとあそこで納得という(笑)
 >バットの装甲スーツ
あれは格好良かったですねー。あーいうディテールの良さはさすがだなぁと。
 >ワンダーウーマンは早速ピン映画が決まってましたのでとりあえずそっちを期待したいです( ´ ▽ ` )ノ
おお、そうなのですか。キャスト良かったですし、楽しみですね(吹き替えの甲斐田さんも好き)。
◆久仁彦さん
 >お話の筋は悪くないし、要素要素を拾えば面白いはずなんですが、どうもノリ切れない作品という印象です。
最初からいきなり、現実に苦しむヒーローの姿を突きつけられてしまうので、テンションの置き所にちょっと困る映画だったかなぁと。もう少し、最初はポジから入ってくれるとノリやすかったのかも、とは思います。
 >ルーサーをビビらせるのが正道を歩んできたスーパーマンじゃないとか、そういうのが気に食わなかったのだろうか。
ああ、真っ直ぐさが歪んだ心を恐れさせる、みたいな格好良さってありますよねー。映像的にはバットマン格好良かったですが。
 >楽しそうにマーサの写真をばら撒くシーン
あれは凄く酷かったですね……スーパーマンがキレそうになる説得力の為とはいえ、若干やり過ぎ感あって(^^;
 >DCコミックス映画は「明るく楽しい」方向にシフトするとのことです。
成功しているライバルが居るだけに、切り替え早いですね。それ故に挑戦していた面もあるのでしょうが。
 >『クライシス・オン・インフィニット・アース』のオマージュだったりします。
あれも元ネタがあったのですね。ほぼ唯一なじみ深いキャラなので、あそこは、ちょっとお得感を感じてしまいました(笑)