はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

スパナの女王

◆タイキさん
 >まあ、ダップはまだ子供ですから。子供って大人程行動面の理屈しっかりしてないので、その時々で感情表現も変わってしまうのでは?
今作のちょっとした失敗というか、私の視点の問題なのですが、着ぐるみにした事でどうもダップが「子供」として見えにくいのは困っています(^^; カーレンジャーの前では故意に大人ぶっているという演出もありますが。
 >個人的にこのシーンはマックスを「恭介の暗黒面」として夢を追い続けたばかりにこうなってしまった者もいるという、
 >のをマックス通して描きたかったのでは?と思います。
その辺りのなぞらえとか、感情の流れが上手く構築できなかった感じでしたね。マックスの自由意志が最期の瞬間しかないだけに特に。
 >最終的にふざけることが多かった中でこの話はマックスの死に関してかなり真正面から描いてましたから。
ロボ戦も変則パターンにして、かなりラストにウェイト置いてますものね。その点では、いっそもっとダップ中心にしても良かったのでは、とも思った所です。
 >ブチ切れたらスパナで彼氏の車やら解体したり、プロレスかけてたりしたんでしょうか?
深夜、こっそり車のブレーキに細工する菜摘……(待て)
 >佐橋俊彦先生がアレンジした「フルアクセルバージョン」ですね。個人的にはこっちの方がメロディーラインに統一性があって綺麗なので好きです。
ああ、やはりアレンジ変わっていたのですね。かなり豪華で格好いいですね。
Beniさん
 >ゾンネットはデザイン画の段階ではもっと羽根とか綿毛とかついてて隠してたらしいんですが、実際に着せてみたら
 >「隠している方がHっぽい」ということで、どんどん取っ払っていったらああなったそうです。
そんな成り行きが(笑) チラリズム的になるよりは、オープンにした方が爽やか(?)みたいな判断だったのですね。