はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『対超力兵団』追記

なんか、思い出すごとにちょこちょこ書きます多分。
ゲーム通して、エンカウント率、割と高めです。もっともダンジョンがそんなに広くない事もあって、過度に鬱陶しいという程ではありません。加えて、必然的に戦闘をこなす事を求められるゲームなので、個人的には丁度良いぐらいないかなと感じました。
ゲームを進めた感触だけなので実際にそうプログラムされているのかはわかりませんが、ストーリー進むと、前の方のマップでのエンカウント率が下がっているような気もします。何となく。
あと、通常の街の中とかからなら、本拠である探偵事務所まで一瞬で帰還する事ができます(交通費などは支払う)。これがけっこう便利。