はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

あなたが永遠にしあわせでありますように

最近、さだ分が足りなくなってきていたので、久々にアルバム購入。
去年(?)・今年と、『年の初めは……』で唄っていた「大晦日」の収録されたアルバムがあったので、それを買ってきました。

美しき日本の面影

美しき日本の面影

近作のアルバムは「これだ!」という大当たりがあまり無いのですが、「大晦日」は割と好き。あと、以前のアルバムに収録されていた曲をオーケストラアレンジした「天然色の化石2006」が、予想外に出色。元の歌も好きだったのですが、アレンジの変更により歌い方なども一部変えられ、やたらめったら壮大な雰囲気になっていて、これが意外にはまる。
他は全体的に落ち着いたトーンの、少し昔のベタなさだまさし、という感じで、アルバムとしては聞きやすいので、何度か聞いている内にまた別のお気に入りが出てくるかも。