はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

人類が核実験を繰り返す時、第二第三のエミコちゃんが、必ず現れる……(あれ?)

◆kanataさん
 >純子さんは固有の武器を一つも持っていないので、放っておくとすぐに背景へ溶け込んでしまいますね。
素直にデミタスと絡めておけば良かったと思うんですけどね……上層部的に、女刑事と絡めても玩具の販促に繋がらないという判断だったのか(たぶん正しい)。デミタスも一昔前ならそれこそ良太くん用アイテムになるのでしょうが、そこまでは出来ないという今作のコンセプトにおけるハードルと、過渡期の苦慮が色々と窺えます。結果としてほぼ空気(^^;
 >だけどエミコちゃん、一体どうやって自力で自宅へ帰りつきましたか(汗)
帰巣本能?(笑)
まあ、いい意味で、ツッコミ所は多いけど楽しめる話でしたねー。
あと人を捜すならバイクルの嗅覚が最強な気がするのですが、あの設定は便利すぎると思ったのかあまり使われませんね(^^;
 >「忌まわしい記憶は消えたから大丈夫」なる社長の台詞も実にブラック。
あの人は明らかに、「科学の発展の為には、多少の犠牲はつきものだ」主義(笑)