はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

マサカリブーメラン

◆wayさん
 >去年のプリキュアが思いっきり連発していた末の大事故だったので、聞くだけですっっっっごいむず痒くなります(^^;
「愛」とか「希望」とか「勇気」とかは、覚悟を持って使わないと、ホント事故になりますね(^^;
 >スタート地点が遠すぎたのか、『ゴセイジャー』がそういう作品だから仕方ないのか。
あまり際どい事をやりたいという意識は感じられない作品ですが、もう一歩二歩欲しかったですね、勿体ない(^^;
◆ジャンさん
 >初登場の映画ではドラゴンヘッダーが壊されてピンチの所、ゲストキャラの力で出現したカードで召喚した物ですから
 >本来は4人のゴセイマシンとゴセイワンダーの合体の予定だったのかもしれないです。
ああ、夏の映画を拾ったのですね。で、元々はドラゴンの代用品であったと。それで、胸の頭がマサカリ加えて飛んでいくわけですか……(笑)
◆kanataさん
 >ある意味、古典的な劇場舞台劇へ回帰した趣向なのかもしれませんね。
ああ成る程、監督が元々、舞台演劇が好きな方ですし、構造からより意識したというのもあるのかも。
 >こと「ガンダム」は「再放送」や「録画視聴」、「情報共有」といった概念の縁が深いので、意識されてても不思議なさそうに思えます。
言われてみると、今回、放映前のインタビューで割と物語の後半で明かされるような事を監督がさらっと喋っていたり、公式サイトの情報公開が「ネタバレ? 何それ?」みたいなノリだったりするのですが……素材となる情報はどんどん知ってくれて構わない、という所までを作品の内側に取り込もう、という意図も明確にあったのかもしれません。