はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ががが

◆タイキさん
 >ここがゴーバスターズ最大の弱点なんですよね、圧倒的に物語的背景の力が足りない。
もうちょっとずつ背景を説明する台詞を入れればだいぶ違うと思うのですが、どこまで説明するのか、の配分が全体的に上手く行ってない感じですよね(^^; ごちゃごちゃっとした世界観なのに、ストーリーだけやたら勢いで進んでしまうという。
 >その正義の味方側にはフリーズ、熱暴走、充電切れと弱点が多すぎる上ギャグでしか使われないので
 >実はニンニンと同じ失敗をしているという…武部直美さんプロデュース作品っていつもこうなんですよね。
他の2人はアイテムで特徴付けできるのでともかく、ヒロムのフリーズは完全に外しましたよね……(^^; 色々な要素だけ盛った時点で満足して、それを繋げて連動させる所まで気が回らないのですかね……。それこそニンニンだと、牙鬼一味の過去の具体的な悪事が描かれないので、悪の組織感が薄いとかみたいな。
◆マジマジさん
 >最近の作品で無視されがちだったメカのパーツや整備員などといった、一つ一つのリアリティーというか、
 >存在感を意識したのは面白いと思うし、出来るだけ評価してあげたいんですよね〜。
ロボ戦重視のオペレーション重視とか、目指した方向性は面白いですよね。ただ、自分達で上げたそういうリアリティのラインに対して、それを成立させるのに必要な、細かい描写の積み上げがどうにも足りてないという(^^; 基礎が出来ていないのに建物だけ作ってしまって、ぐらんぐらん揺れているというか。 
 >「トクサツガガガ
コミックス買う所までは踏み切っていないのですが、周囲でお薦めしている人が多く、評判も良いので、気になっております。