はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

法の根拠など不要、何故なら私がジャスティスだから(狂気)

◆タイキさん
 >ジバン総括お疲れ様です。何だか過渡期の東映特撮の闇の部分が垣間見えるようですね…
今回は振り返りながら心が荒みました(笑)
 >「ジャスピオン」〜「ジバン」までは本当に余りにも酷い低迷が続いていましたもの。
メタルダー』『ジライヤ』なんかは、迷走と手探り感の中に光るポイントもありましたが、『ジバン』は全てが駄目な方向へ行ってしまった感じですね(^^;
 >「RX」の後に小林良平さん演じる続編が計画されてましたが、某お笑い芸人が初代ライダーのパロディを無許可で
 >作ったことに東映がカンカンに怒ってしまいシリーズ打ち切りという(笑)
おお、そんな事情があったのですか。全く知りませんでした。
 >何よりも「敵を倒す」だけじゃないヒーロー像を作りだしたことが凄いと思います。
ヒーロー物のフォーマットを一つ捨てた上で、別のフォーマットと融合し、そこで新たなヒーロー像を確立する、とホント良く出来た作品でしたね。プロフェッショナルなチーム物としての完成度は、00年代作品と並べてもひけを取らないどころか凌駕してさえもいますし。
◆さやまきさん
 >レスキューシリーズやラスボスさんの下敷きとして色んな意味で意義のある作品でしたね(笑)
中身に目をつぶれば、キャッチーなのは確かなんですよね。これを踏まえて警察+ヒーローの融合が次で上手く回ったのだと、前向きに捉えて埋めたい作品です(おぃ)
 >対バイオロン法が一人合衆国憲法みたいなジバンを野放しにするとラスボスさんみたいになってくのかな〜と振り返ると思います
変な話、ジバンってもう少し強ければデストロイ的な面白さが出たと思うのですけど、あまり強くないんですよねー(^^; そこでやっぱり正義を貫く背景は圧倒的な力だよね! という所がジャンパーソンのラスボスたる所以だな、と改めて(笑)
 >かおるはラスボスさんと一緒にこれらも廃品置き場から回収して修理したに違いありません!
廃棄されたオーバーキル兵器を回収するかおる……!(狂気)
◆ゆーりさん
 >ジバンの生きとし生けるもの云々は仮面ライダーBLACKとかジュウレンジャーでも見られたんで
 >命ある者の為に戦うというのが杉村氏のヒーロー理念な気がします
杉村さんは割と、科学信仰的なものにネガティブなニュアンスの話も多いので、メカニック刑事というコンセプトとそもそもあまり合ってなかった部分はあるのかもしれないですね(^^;