はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

遊星の九衛門

◆さやまきさん
 >次回予告が全部持っていってくれて万歳でしたww
原作再現シーンを織り込みまくりで、いい次回予告でありました。
 >確かにQ太郎はなにげにブレド属性強めな感じですよね(汗)
最近は特に、最終的に「全て僕の計画通りだったのさ」って言えば許されるだろうと思っている感が強くなっていて、不安です(笑)
◆ナシナさん
 >特撮って他のドラマ作品などと比べて、諸々の事情や影響などが大きく出て、当初の通りに上手いこと進まないと聞いたことがあります。
商業的な数字が明確に出たり、長丁場なので良くも悪くも視聴者の反応を反映する事が可能だったり、そういう事情はやはりあるようですね。そういう切り替えタイミングに上手く回る作品と、回し損ねる作品があったりするのも、面白い所だなと思います。
◆橘まことさん
 >『ゴースト』は「ギミックを大量に出すためにキャラの掘り下げは後回し」だけだったならまだマシなんですけど、
 >「でも主人公の魅力は出そう」というエッセンスが混じったせいでバランスがガタガタに崩れている印象です。
「眼魔と戦う理由」と「主人公がアイコンを集める理由」が現状バラバラなのに、それを主人公の魅力に繋げる形で統合しようとした結果、かえって主人公が凄く脈絡なくなってしまいましたね……(^^; 
 >こうしてみると、特撮に慣れたライターは1話の作り方が上手いですね、やっぱり。
場数踏んでない人だとどうしても、ギミック見せ以外のシーンが「書きたいシーン」で埋まってしまう感じがありますよねー(^^; その隙間に、「入れておかないといけないシーン」をねじ込みきれないというか。