はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

超電子ヨーヨー

◆ナシナさん
 >見た目が変わってパワーアップというのは、当時の視聴者の方々からすれば、斬新で心躍る展開だったのではないでしょうか。
近年の作品ですっかり慣れてしまっていましたが、当時はインパクトあったのでしょうね。そのインパクトのままの瞬殺だと思うと、色々と納得する所です。
 >雑な偶然の重ね合わせとその場のノリでした。
もう少し、茂の能動的な覚悟が前面に出ていると良かったのですが、どうしていきなり拘束から始めてしまったのか(笑)
 >地味にキャラが立っていたので、ここで退場は少し惜しい気がします。
終わってみたら、ドクロは随分いいキャラになりましたねー。美味しくなってきた所でもったいつけずに退場させる、という手法はデルザー編の特色として巧く回っていると思います。
 >あと、茂が戦闘員に成りすましていましたけど、中の人はどうなったのでしょう、というか、正体が気になります。
デルザー軍団の戦闘員は、求人アルバイト説が現在濃厚なので、服を剥がれてふんじばられてその辺りに転がされているのではないかと(笑)
 >引っ掻き回しすぎたせいで、組織が上手く立ち行かなくなり、休戦協定を申し出るシャドウがある意味、自業自得で皮肉です。
この人、休戦の持ちかけ自体が、恐らくどう転んでもいいや感なのがまた……(笑)
 >次回はストロンガーとの対決とは別に最近戦闘をサボりがちになっているシャドウを少しでも表に引っ張ってきて欲しいと思います。
他のメンバーが目立つ分、シャドウの影が薄いので、確かにそろそろ、力を見せて欲しいですねー。
 >今のところ、超電子ダイナモのリミットまではデルザー軍団に伝わっていないので、もしもの時にバレた際の展開に注目したいと思います。
新モードの特性を敵味方があっさり共有しないで、ストロンガーがそれを隠しながら立ち回ろうとしている、という見せ方はいいですよね。
 >"ホネー!"とか"イワー!"とか、掛け声までバリエーションが増えたデルザー戦闘員
基本間抜けですが、気合いの声に聞こえない事もないあたりが結構絶妙で(笑)
 >デスガリアン自体、話の展開によっては崩壊する可能性もあるのですか。
まあ全くの勘みたいなものでしかないのですが、デスガリアン、妙に不安を感じさせる見せ方なんですよね……明確な根拠は無いので、普通に最後まで健在の可能性はあります(笑)
 >デスガリアンのボスであるジニスより上の立場のキャラクターが出てきてもおかしくはないですし、そのキャラがラスボス候補対抗馬で。
第10話のジニス様を見ていると、若干、そういう雰囲気も出てきて、どういう奥行きを見せるのか今後も楽しみです。
◆さやまきさん
 >改めてブルースワット恐るべし(苦笑)
正直、もうばっさり気味の感想にしようと思っていたのですが、地雷処理の酷さがあまりにあまりで……(^^;
 >なんでしょうね、この時期全体を俯瞰で見れるプロデューサーとかいなかったんでしょうか
堀プロデューサーも『ウインスペクター』を成功させましたが、《レスキューポリス》がどれも終盤ぐだぐだになる事を考えると、連続物の調整はあまり得手では無かったんですかね……(^^;
 >全体としての着地点とか考えずに突っ走ることがたまに(むしろしょっちゅう?)ありますよね東映σ(^_^;)
こう見てくると、曲がりなりにも年間で話の収まった『ジャンパーソン』は凄かったな……と(笑)