はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

父さんに似たもの

◆インザファイトさん
 >そういえば前回書き忘れたことに強化回の話が主軸と全く結びついてない、というものがありました。
全体的に、強化ギミックもやる気無いんですよねぇ……(^^; やる気無いなりに初登場回ぐらい中心にすればいいのに、おっしゃる通り、初登場回からおまけみたいな扱いにされるという。
 >まあでも、この番組の一番駄目な部分は、GPを追加戦士として迎え入れてしまったことですね(笑)
歯車はそれ以前から狂っていたのですけど、残っていた僅かな建物も全て吹き飛ばした上に、後にはコント用のステージしか建ちませんでしたからね(笑)
 >少々シグの超能力が消えたのを証明するために地雷を踏ませたのが、強引に思えますが
狙いはわかるのですが、正直、そこで地雷なのか! と(笑)
 >(まあ靖子にゃんのように高スペック脚本を書いた人もいますが)
小林靖子が若手の時代に、この不条理レベルなテコ入れ体験と関わったというのは大きかったののかどうなのか、なんて事は考えてしまいます(笑)
◆タイキさん
 >メタルヒーローは愚か他のシリーズでもこんなグダグダな最終決戦見たことありませんよ(笑)
メタルヒーローだと匹敵するのは『ジバン』かなと思うのですが、面白くなさの種類が少し違う為、判定に困っています(笑)
 >何だか設定の壮大さとヒーローがやってる地道な作戦とが全くかみ合わないんですよね。
最初はスペースマフィアの壮大さに対してちっぽけなブルースワットが立ち向かうというコンセプトぽかったのが気がつくとマフィアが同レベルどころかブルースワット以下の感じになっていたのに、最終盤で急にまた大きな事をやり出した為、色々ちぐはぐで(^^;
 >言ってみればやたら調味料は贅沢品使ってるのに根本の素材がそこら辺のスーパーで買ってきた惣菜程度というか…
なんですかねー……カツ丼を作ろうとしているのに最初に投入したのがコロッケパンで、醤油を切らしていたのでとりあえず目に入ったカレー粉を入れて……みたいな(^^;
◆wayさん
 >記憶の上ではそもそもシグがスペーススワットにどういう経緯で入ったのかとか、全く説明ありませんでしたから
シグの個人的な背景って超能力でリンゴの鮮度調べた時ぐらいしか出ていないので、とにかく話の天秤が釣り合わないという……。
 >目を覚ました時にそこにいる父は同じ顔の別人という状況になっていて、とても可哀想だと思うのですが……。
一周回ってP・K・ディックの小説みたいになっていますが、その辺り、誰も頓着せずにいい話扱いなのが怖いですよね……(^^; 天涯孤独より全然マシ、という事なのかもしれませんが。
 >それも彗星衝突で地球全体の危機という状況に並行してやるのが信じられません。
結局この、ブルースワットとスペースマフィアのスケール感の違いというのも、上手く歯車が噛み合わないままでしたね……乱高下するマフィアとプラチナムによるブーストによる混乱も、調整されずじまいで。
 >まあむしろ裏の方で「男はいつまでたっても子供」という話かもしれませんけど。
『コンレボ』そのものが、そういう話だというと、そういう話ですからね(笑)
 >異星人に改造されたアトムが額のダイヤルでタイムスリップできる機能を有しており、新アースちゃんにも頭にダイヤルがついている
ああ、オマージュネタだったんですね! という事は今回のは伏線で、最終盤に取り込んでくるんですかねー。
◆セブン・・・モロボシさん
 >ドラムガンパンチ(一応ガントレットなので左腕でドラムガンナーのエネルギーで殴る!)とか
ガントレット状態の見た目は割と格好良いと思っていたので、最後にちょっと活用して欲しかったです……まあ、お父さん呼ぶと修理以前にムッシュトリオ倒してしまいそうなわけですが(笑)
 >ムッシュJらがインヴェードを解除する利点がないし、解放された3人の描写もない。
あれも、ここまで引っ張ったのだからムッシュ以下の3人の肉体にもう少し気を遣って欲しかったですね……結局、インヴェード被害者は最後までどうでもいいのだなぁと(^^;
 >これもなぜか「ドラムガンファイヤーに装着しないと使えない」という縛りを付けたせいで使い勝手が悪すぎますw
そういえばそうでしたね……という事はいちいち、「許さねぇ!」しないと解除ビームを試す事すら出来なかったのか……。
 >幻覚を振り払うために自分の大腿部を撃ち抜いたり…
あああ(笑) そーいえば、自分で思いっきり撃ってましたね(笑) シグ的には移植できる臓器さえ無事なら割と軽い扱いだったのでしょうか(^^;
 >「ザジ」とも「地球」ともそこまで深く関わる感じじゃなく一線を引いてました。
その辺りを踏まえると、実際に肉体の融合にともなって広瀬人格との統合が進んでいる、という意図はあったのかもですね。もう少しそこを丁寧に段取り踏んでくれると、また違ったかもしれないですね。
 >ところで「地雷で死ぬ(かもしれない)ヒーロー」って「ブルースワット」と地雷矢くらいじゃないでしょうか?
装甲が薄いヒーローは大変(笑)
◆wander_sheepさん
 >普段とちょっとミスマッチな気がしたですが、あれも「少し昔の刑事ものっぽさ」を追求してたのでしょうね。
夕陽カットは、狙ったんでしょうねー。70年代ぽさも入れたかったのかなと思います。
 >まあ、あの兄妹に何らかの救済がほしいという希望混みでの予想なのですけどね。
お兄さんが一度誘惑に流されてしまった分、現状を受け入れて努力する、という所に戻れず落とし穴にはまってしまった感があって、そこから引っ張り出してあげるエピソードは出来れば欲しいなぁと思います。
 >今回ジスプを倒した後、ジスプインヴェードされていたムッシュJなる身体は回収とかされましたっけ?
ムッシュ達が正体現した時点で肉体は画面から消滅していて、結局一切フォロー無しでしたね(^^; 本来はそこにドラマを乗せないと今作のオリジナリティが生じない筈なんですが、完全に投げましたね……。
 >広瀬はひたすら「既に亡くなった人」という扱いですか。
驚くほどあっさり、広瀬剛という人格は既に存在しないもの、という扱いでしたね……先を考えずに物語の成り行きでそういう着地に至ったのでしょうが、そういった作品の作り方で扱っていいテーマだったのか、という所から大きな問題点になってしまいましたね。
 >もしシグが広瀬に吸収されるかたちとなり人格を失い、無事に助かった広瀬父子は幸せに暮らしていく
シグは今作においてはまだしも好きなキャラクターなので、そのぐらいの葛藤が欲しいなぁとは思っていたのですが、いやもう、さすがブルースワット
 >シグの個人的なバックボーンってこれまで全く描かれてないので、決断に重みも何も感じられませんよね。
結局ほとんど、場当たり的に進めたのだなぁ……というのばかり見えてしまって(^^;
 >こうなってみると制作側の「ヒーローには人外の姿なんて要らないんだ」という意識の表れだったように思えます。
人外のシグと器を越えた絆を結ぶ事の意味、というのをもう少し押してくると思っていたのですが、その要素も消し飛ばされたのはかなり残念でした。
 >そんなつもりだったなら何故、主要キャラクターのひとりを宇宙人という設定にしたのか。
インスパイア元はSF小説『20億の針』(ハル・クレメント)だと思うのですが、今作の設定倒れで歯車が噛み合わない、というのが最後にシグに凄く集中してしまいましたね(^^;