はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

戦う交通燦然超重甲

◆タイキさん
 >一番の理由は「正体がばれるとプライベートを根こそぎ失う」というのがあるせいじゃないでしょうか。
もう少し、コスモアカデミアが甲平の私生活を気にしている、というポーズに説得力が欲しいところです(笑) 今のところ甲平だけがやたら割を食っているので、後半に面白い要素に化けてくれると良いのですが。
 >小山内博士はその中でも輪をかけたクズの中のクズですよねw
小山内博士に関しては、正直ちょっと引いてます(笑) いっそもっとマッドに突き抜けてくれれば良いんですが……。
 >日笠プロデューサーは基本的に自分の意見を出さない現場調整型だそうです。
成る程、こだわりの有り無しというよりも、やりやすいようにやってもらって……みたいな感じなんですね。
 >同年の「シャンゼリオン」の白倉プロデューサー、「カーレン」の高寺プロデューサー
00年代に向けて色々切り替わっていく時期ですが、96年はホント、同期作品の並びが面白いですねぇ(笑)
 >90年代後半にこういうタイプの主人公って珍しいですよね。「シャンゼリオン」も「カーレン」もストーリーに合ってるとはいえ、
 >割といい加減というかだらしなさの目立つ三枚目タイプの主人公だったんで尚更(笑)
東映内部でも方針の調節があったのかもですが、正統派だけどそこまで説教くさくない、というのは甲平は良い感じの位置に納まってきてますよねー。『シャンゼリオン』に眉をひそめたご家庭も安心(笑)