はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

モア最大の敵は実質二次元

◆さやまきさん
 >やたら掻き回した挙げ句に最後は素直にナイトローグに従うのはホント意味不明(苦笑)
スタークは私の中ではもう、「城茂、ちょいとおまえを利用したまでの事よ。シャドウは負けたのではない」、という人と同じフォルダです(笑)
 >なんとなく科学という認識の過去(肯定派)対現在(否定派)みたいで
割と戦兎は、狙って50年代?ぐらいの科学礼賛時代っぽい物言いですよね。
 >戦兎はこのまま希望を唱え続けるのか現状認識した上で絶望を希望に変えようとするのか
 >突き付けられているのを今時期に出してくるのは今後の為にも良かった気がします
動かしてくる可能性も込みで、物語としての軸が一つハッキリしたのは良かったですよね。戦兎のアイデンティティと繋げつつ、向き合う問題が決まってきた感じで。
 >ドラゴンバトルにベストマッチを設けつつも次回の龍我変身に繋げてくるのは
 >使いようによって上手く使えるカモ?という思いつつ
後々ダブルライダー展開の中で工夫できそうな要素ですよね。ドラゴンボトルは何故強いのか(素体の想いの力?)みたいなのも、ネビュラガスとスマッシュの関係性として理由付けを期待したい部分です。
 >予告で見る限りではドラゴンモチーフという事で電王ガンフォームぽい気もしたんですが(笑)
いきなり龍我が飛び道具に目覚めたら、それはそれで面白いですが……(笑)
 >そこでリクとの半端な距離感が掘り下げもされずに保留と言うか放置されてきたのが
突き詰めるとライハって、復讐の為にリクを利用しようとしていた部分があったぽいですけど、そこを全く掘り下げなかったので、同居の意味づけも、成り行きなだけで変化が無いんですよね……。
 >(むしろポイントで仕事してるのを見せるAIBのほうが存在感が増してるのもまた)
ままある現象ですが、最初ふわふわしていた集団をピースの隙間に後からはめた結果、凄く収まりが良くなりましたよね……(笑)
 >これならもっと早い段階でライハはゼナ先輩辺りに対星人戦の戦闘術を指南して貰うとかして
 >人間大の星人はライハが担当とかにすれば棲み分け出来て流れもスムーズになったような…
いっそライハは別口で最初からAIBと面識があった、みたいな方がスッキリ収まったかもしれないですねー。モアの仕事がバレた時にやたら平然とAIBを受け入れているの、妙に不自然でしたし(^^;
 >ラストまでにもう一押しライハの回があるといいなぁとは思うのですがね
キャラのウェイト的には、もう一回欲しいですよねー。モアもリクも未来に向けた話を始めているのに、ライハはまだそういう面も描かれないですし……。
 >あ、ゴジラ怪獣惑星公開されましたね
おお、もう公開でしたか。ほどほど興味はありつつ、全3部作と銘打っているのなら、完結してからでいいか……とも思ってみたり。
 >ちなみに今やほぼ常連怪獣となりつつあるメカゴモラですが
 >初出はベリアル銀河帝国、の前日譚OVウルトラマンゼロVSダークロプスゼロで
元ネタ的には、関連性の深い怪獣だったんですね。今作割と、メカ怪獣の登場が多いのは、意識した所なんですかねー。思えばエレキングも、育てたとか言っていましたし。
 >メカならではの多彩な攻撃が魅力ですが、それだけにカマセの属性も強いのか(苦笑)
人気怪獣がベース×派手なギミック×明らかに悪い顔なので遠慮なく倒せる、と使い勝手がいいのですね(笑)
◆ゆーりさん
 >今、1話を見直したらリクに対する見方が変わってしまう案件でしたねえ(笑)。あの場でヒロインの名前を与えるとは・・・。
何か由来がありそうな口ぶりではありましたが、衝撃のカミングアウトでしたね……(笑)
◆aaさん
 >フクイデがベリアルの遺伝子からリクを作る際に使ったのが星雲荘の施設と仮定すると、まー可能かなと
リク作成時のデータを参照したりとか、そういう感じですかねぇ……同じ手法、同じ培養装置で作った、と考えると、あ、なんかまた、魔窟の開く音がしたような。
 >悪の秘密基地がマスターが変わったとたんに正義のヒーローのオタグッズで溢れてるってのも
 >力は出自ではなく使い道で価値が決まるというメッセージのような気がしてなりません(棒)
現星雲荘、元K先生の家だと考えると、それはまあ腹立たしいなと(笑)
◆つるさん
 >結構いろんな作品に登場するメカゴモラですが、何回見てもかっこいいので、テンション上がるケイ先生の気持ちは正直分かる気がします(笑)
だいぶシリーズの怪獣再利用に慣れてきたのもありますが、ここに来て格好良い怪獣が続けて登場し、話の良さともいい感じに噛み合ってくると盛り上がりますね。
 >ジード作った時も同じテンションだったんだろうなーと思うと、じわじわ笑えます
「私の作った器に最高の遺伝子! これがベリアル様の息子だぁ!!」みたいな(笑) それは八つ当たりもしたくなりますね……。
 >それはそれとして、ライハの中で復讐に決着がついたかどうかがはっきりしない、というのは少し見てて困りますよね…
他のキャラの立ち位置がしっかりしている分、物語内の位置づけがぼやけているのが悪目立ちしちゃってますよねー。
 >愛嬌付けはかなり丁寧で好感度自体は高いので、最後の一跳ねに期待したい所です
ライハは、キャラ自体は別に嫌いではないというのが凄く困った所で、もう少しずつ丁寧にやっていればもっと化けたと思うのが、もどかしくてなりません(^^; ラスト一ヶ月で、なんとかリカバー見たいですね。