はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『FF15』ツアー日記2


 海辺のリゾートタウンでツアー初日を成功させた俺たちフィフティーンだが、翌朝、とんでもない報道に叩き起こされた。なんと、俺たちが所属するルシス・ミュージックが、業界最大手のニブルヘイム・プロモーションに電撃的に買収されてしまったのだ! そして俺たちに通達されたのは、契約解除の4文字。
 あんな悪徳プロダクションはこちらからお断りだが、俺たちもこのままでは引き下がれない。罠にはまって会社を潰された社長の恨みを晴らす為にも、俺たちはニブルヘイムプロのライブハウスに乗り込むと、電撃ゲリラライブを敢行。観客を熱狂の渦に叩き込むと、各地のライブハウスで俺たちの音楽を叩きつける為、西へと車を向けるのであった――。
ちまちまプレイ中の『FF15』は現在チャプター3。敵の攻撃が結構強いというか、私、このゲーム下手かも。
2D格闘ゲームの時代から、とにかく「ガード」という行為が下手なので、ガード重視の今作の戦闘は割と辛い。そもそも乱戦すぎて敵の攻撃モーションとかさっぱりわからないのですが、戦い方を間違えているのではないか、という気もしてきている今日この頃です。
特に最近は、定期的に空から帝国兵の集団が対バンを申し込んでくるのですが、〔モンスター退治のクエストを受けて目的地に向かう→目的地の手前で帝国兵に囲まれる→辛くも勝利するも疲労困憊して宿屋に戻る〕或いは〔経験値稼ぎに適当なモンスターの群れを襲撃する→いい感じに戦っていた所に帝国兵が乱入→気がつくと狙撃兵に撃たれまくって大変な事に〕の繰り返しで、なかなか前に進めません。
今作、食事によるステータスアップ効果が非常に高いので、注意してそれをやると、だいぶ違うのですが。
なお、イグニスが夕飯にスパムにぎりを出してきた時は、昼間なにかあって怒っているというサインなので、皆で肩を叩いて腕を揉んで靴を磨く。
……いや、ゲーム的にはキャンプの際に任意で夕食を選べ(それぞれ食材が必要)、だいたいクエストの目的地手前にはキャンプポイントがあるので、ステータスを強化してから挑む、というのがセオリーなのですが。
ちなみにイグニスは、新たな食材を手に入れたり、料理を繰り返してスキルLVが上昇する事で新しいレシピを閃くのですが、たまに、ベンチの上に落ちていた絵本を読んでも料理を思いつくので、割と何を考えているのかわかりません。
そういえばイグニスが運転に飽きてきたのか、自分でハンドルを握れるようになったのですが、私ドライビングゲームがまたド下手でして、まともに走っているつもりなのに、どっかんどっかん衝突音がするのはどうして?! 素人なのに車がワイルド仕様(車高高い)なのが悪いのかっ?!
というわけで、一旦車を、通常モードに戻しました。ついでに、周囲の車がなるべく近寄ってこないように、派手なドピンクに塗り直しました。
改めて、男4人でまんじりともせず車に乗って移動するシーンが定期的に繰り返されるという、不思議なゲーム(笑)
ドライブ時間が必然的に組み込まれる為に、風景は非常に綺麗なのですが。そういう、こだわっている部分とそれ以外の部分のクオリティの差が大きく、全体的に完成度にムラがあるのは難点。部分部分、これはよく作ってあるなぁ……という一方で、全てがそのレベルまで作り込めていないというのが割と目立つのが短所。
ただ、凄く金と時間をかけて作ったのにどこか馬鹿っぽい要素が目立つゲームとしては、なかなか面白いと思います。
あと音楽が結構良くて、基本のフィールドBGM好きなのですが、今作、車を降りたり戦闘終了してから、フィールドBGMが流れ始めるまでに分単位の無音時間があるのが凄く謎。しかも、ループしないで途切れる為、ゲーム中にじっくり聞くのが非常に難しいのですが、何故。キャンプ地や拠点のBGMにはすぐ切り替わるのに(^^;
ちなみに常にドライブシーンを見つめていないといけないわけではなくファストトラベルも存在するのですが、やたらと時間がかかる為に、距離によってはカーステレオ(で旧作のBGMなどを聞ける)流しながら風景見ていた方が有意義だったり。たまにイベントも起こりますし。……あと、ファストトラベルすると徴収される謎の10ギルは、いったいどこの空間に消えているのか。
……ガソリン代?
定期的に給油しないとガス欠で切ない事になるのですが、ガソリン代は給油量に関わらず一律10ギルなので、なるべくギリギリまでガソリンを消費したくなる罠。
切ないといえば、王子が本日の釣果に満足して釣りを終了した途端、仲間達から「行こうよ」「行こうぜ」「よし、行こう」の大合唱で、王子はそっと泣いた(でも、反省はしない)。
ミニゲームとしての釣りがそれほど好きなわけではないのですが、きっと後々アイテムを入手できたりイベントがあるに違いない、と適度に励んでいます。