はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

頑張れ一般市民

◆八手四郎次郎さん
 >私個人の印象としては、咲也って"猿顔の一般市民"に思えてならないんですが(演者さんの風貌や雰囲気が結構似てるような)
そう言われてから第7話を見返していたら、なんか凄くそう見えてきてしまいました……(笑) 真顔だと目つき悪いですけど、笑うと確かにその系統ですね。
 >そうなると咲也も恭介同様「敵方の女(つまりは初美花)と相思相愛になる」って展開だったりするのか、な?
個人的に初美花は望み薄な印象なので、熱をあげていた初美花にこっぴどくフられて、ゴーシュ人間体に引っかかるルートを期待したいです(笑)
 >そのうえ現場部隊のメンバー(ヒルアンドン管理官や事務方さんも含めて)の中にまで怪しい奴がいる、
 >としてしまうとストーリーがとっちらかってしまう恐れがありそうですけどね...。
管理官はどっちに転がっても大丈夫なキャラ、みたいな配置感がありますが、ナチュラルに駄目な人でも、それはそれで東映っぽいな、で済むのが良いのか悪いのか(笑)