はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

どっちを向いてもパワハラ

◆スピリットヒューマンさん
 >…第29話を見たのですが…臨獣殿も…似たり寄ったりでした…
パワハラ普通派と、パワハラ過激派の争いですからね……。
 >正直巨大戦実況はどうでもいいこともあり、話にのりきれませんでした。バエの主役回があったのはいいと思いますが。
凄く妙な立ち位置だったので、スッキリはしましたが、バエの巨大戦への執着って、微妙に共感しにくいというか(笑)
 >そういえば前回前々回でやたらメレ様可愛げアピールでしたが、竹本監督はメレ様を気に入っていらっしゃるのでしょうか。
割と竹本監督は、キャラ愛が演出に出るイメージあります。
◆やずみさん
 >ただやっぱり、いろいろ明かすまで半年というのは長かった……ゴウと関わらせたいという狙いはあったんでしょうけど。
ゴウとの関わらせ方やアイデアは面白かったのですが、今頃明かされても、バエにどう思い入れを持って見ればいいのだろう……というのがどうしてもありました(^^;
 >中島さんは初参加でどうなるかと思いましたが、重くなりそうな要素をサラッと王道の枠内で描ききる作風は私としては面白かったと思います。
確かに、メレ様はまあともかく、バエも既に死んでいるとか、割と重い話が変なギャグにする事無く流れの中でさらっと収まっているのは、さすがでしたね。
 >と、普通ならなるところですが。ここからがまた『ゲキレンジャー』の良くも悪くも個性的な部分で……。
リアルタイムから離れて見ると、ホント『ボウケン』とは違った形で、かなり挑戦している作品ですね。