はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

マッドな内海

◆特命さん
 >ここからビルドが尋常じゃないレベルでかなりグダグダになっていくんですよね...
今回割とダメージが大きかったんですが、とにかく追いつきたいと思います……。
◆ネオーンさん
 >このときの美空や龍我の葛城に対する塩対応っぷりは酷すぎて流石に唖然としました。いくらなんでもちょっと酷すぎるような
万丈なんて前回、エボルを倒す為にひとまずヒゲとも協力するぜ! とか言っていたのに、今回は完全に初期万丈に戻ってましたものね……。その割に最後の戦いでは一緒にやってくるのが、どうにもこうにも。
◆wander_sheepさん
 >魁利は即座にああいう台詞が出てくるの、やっぱり頭の回転が速いなぁと改めて思いました。
敢えて視聴者も混乱に巻き込みながら、そこでギリギリのラインを突いてくる魁利、という見せ方が面白かったですね。
 >私はそこはまあいつものことと流してますが、猿渡さんが何かにつけて三羽烏の形見のドッグタグを握りしめているのを見ると
 >プレバンにて販売されているドッグタグを思い出し、何とも言えない気持ちになってしまいます・・・(苦笑)
…………そ、そんな事情が……。
◆輝剣さん
 >コグレさんが横流しをしたと当てこすってるんですかね? やっぱりギャングラーともコネクションがあるのかなー(笑)
VSチェンジャー持ち出しによるルパンレンジャー設立の件かな、と思っているのですが、どういう真相になるか気になりますね。
 >最早圭ちゃん呼びを受け入れている圭一郎(笑)
なんかそれどころではなかったのでしょうね……(笑)
 >咲也の恋の事も知っていてやったんでしょうねー
警察側の前情報もしっかり入れてきたとは思いますが、今回の、この辺りは本気だったら面白いな、という部分のバランスも絶妙で良かったですね。
 >ノエルがルブラン世界からアニメ版ルパン三世世界の住人になってしまってましたな(笑)
割と早めに、ああこういう芝居させると面白い人だな……というのが見られたのも良かったです。
 >さすが、マッドサイエンティスト、実験体収集に貪欲。さりげなく、もう壺は渡されている=救われない犠牲者の存在が示されていてエグイです。
「中身を喜ぶ」シーンは見せるけど「中身」は見せず、その後で今回のエピソードとして間接的に見せる、というのが上手くやってますよねー。
 >「愉悦>人命」のタイプでもないし、責任感がないわけでも人倫がないわけではないことが明示されただけでもホッとします。
この辺りの一線はハッキリさせてくれると、キャラクターとしては捉えやすくなりますよね。
 >ある意味、ノエルには眩しいのではないでしょうか。
嘘を使わなければいけない立場のノエル、の事情がどうなってくるのか、それがわかった時の咲也との関係も含めて、今後の楽しみなところの一つです。
 >定番ですが、ここまで控えていただけあって印象的になりました。
初美花のもろもろの揺らぎと合わせ技にした事で、効果が上がりましたね。
 >け、警察の装備じゃない。どう見ても軍隊系の装備です。というか市街地への被害が〜パトレイバーの太田か、ノエル(笑)
合言葉はフォー・ジャスティス!
◆五月サツキさん
 >歯車兄弟は一体なんのために出て来たのか……と思ってしまいました。カイザーシステムとやらも映画を見ていなければわからない不親切仕様で出番も微妙とは……。
結局、障害物の域を出ないままだった感じで、残念でしたね。
 >一度は騙した万丈を救う展開をやるなら、もう少し絡みが欲しかったです。
ホント最後だけでしたものね……。いつもと逆パターンで兄が先にやられて弟が意地を見せるとかあっても良かったと思うのですが、スタッフが自分たちの作り出したパターンに、妙にこだわりすぎている気もします。
 >強大な力の前には屈するしかない、ということか……。自分のために生きることに執着するようになったというのなら、納得できなくもない……ですが。
内海はとにかく、心理的な葛藤がここまでほとんど描かれていないので、何をやっても話の都合で動いているだけにしか見えないのが辛いですよね……。