はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

えええええええええええええっ?!

創元SFの4月の新刊に、
<デュマレスト・サーガ>
の文字が。
イギリスの作家E・C・タブによる、長編スペースオペラです。毎巻、「○○の惑星〜〜」という、非常にわかりやすい邦題なんですが、ここでこれを復刊してきますか、心意気は買うけど、大丈夫なのか創元(笑)
20巻ぐらいあったような記憶があるのですけど。
というか一つ納得がいかないのですけど、フューチャーは元の2巻分で1冊だったのに、何故かデュマレストは1巻ずつで出るみたいなんですけど。お値段も予価550円でお手頃。フューチャーはあんなに初見の人が買いにくい値段だったのに、この差は何。
まあ、好意的に解釈するならば、<キャプテン・フューチャー全集>が思いの外好評だったので、続けて版権持っている昔のスペースオペラを復刊してみようか、という事なのでしょうけど。というかそれ以外に、このタイミングで<デュマレスト・サーガ>が復刊する理由が思いつきません。
ちなみに、古本屋で捨て値で売っていたのを何冊か買った事があるので、旧刊は歯抜けで所持しています(笑) 読んではいないのですが。
そういえば、先月からハヤカワで<エルリック・サーガ>も復刊してるしなぁ(こちらは、元の2巻分で1冊)。
微妙にその辺りが商売になる時代なのか。
……まあ、それはそれとして、創元には『タウ・ゼロ』(ポール・アンダーソン)の復刊を強く求めたい。あれは傑作。