はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

史上最弱が最も最も最も(以下略)恐ろしいマギーーーーー

最近ふと衝動にかられて、『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)を漫画文庫で頭から読んでいます。
今、赤ん坊にお仕置き完了した所。
第3部だとダービーも好きなのですけど、何故か鋼入りダンというかVS『恋人』編が妙に好きでして、久々に読んでもやはり好きでした。承太郎が復讐日記つけてる所とか、妙に好き(笑)
あと、承太郎が花京院を信用している程にポルナレフに期待していない事がわかる所とか(笑)
改めて読み返すと、承太郎と花京院は、VS『運命の輪』編の、「相撲は好きか?」辺りから妙に仲良くなっているんですが、いったい何があったのか。相撲話で物凄い意気投合したのか。
そしてジョジョは、出来れば大きい版で読んだ方が良いな、とか思いました。
というわけで、来年の映画公開*1に合わせて、そろそろ<完全版>刊行とか有るのではないかと予想。
長いのと文庫版が普通に売れているというのとがネックですが、とりあえず第3(2?)部まで、とかいうのは有りではないかという気もする。『スティール・ボール・ラン』もコミックス順調ですし、好調の『るろうに剣心』<完全版>の次の弾も検討中でしょうし、どうかなぁ。予想というか期待というか。
後まとめて読んでわかったのですが、こと女性キャラに関しては、飛呂彦は昔の方が巧い。どうしても脳内ではリサリサの印象が強いですが、エリナ(第1部ヒロイン)が普通に凄い綺麗に描いてあってビックリしたというか、どうしてこの後、延々と骨太路線になってしまったのだろう(笑)
第3部は、二枚目か筋肉か変態の男しか出てきませんし(笑) 一番出番の多かった女性キャラはもしかしなくてもエンヤ婆の気がして仕方がありません。
正義は勝つ。

*1:結局、第1部のアニメだった