はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

吉良吉影は静かに……

アニメ『ジョジョ』は見ていなかったのですが、吉良吉影登場回は見ないわけには行くまいと、配信でチェック。
……の前に、アニメの作風を掴んでおこうと無料配信の第1話を見たのですが、
相手がどの程度まで知っているか確認せずに一方的に生い立ちの事情を話す→女子高生が気にくわないと怒りだす→相手の嫌がる事を言う→殴られそうになったので時間を止めて殴る→写真を地面にばらまく
……承太郎が最低だな!!!
前作の主人公でなくては許されない所業。
こんな最低だったっけ(笑)
肝心の吉良ですが、森川吉良は個人的には割としっくり。
最悪のサイコ殺人鬼が、気がつくと跳び箱の中で体育座りとか、吉良はやっぱり面白いなぁ。
アニメの作風はもう一つ肌に合わないのですが(もう少し見慣れると、これはこれで有りになるかもしれませんが)、正攻法で作るとこの辺りのサスペンスとかは確かに表現しにくいのかも。
原作コミックスは所持していないのでハッキリ比べられないのですが、『ジョジョ』のコミック的な面白さがどこにあるのか、が見えてくるのは興味深い。
“彼女”の手でパンを撫で回す所の気持ち悪さと、跳び箱の中でぷるぷるしている所は、特に面白かったです。
とりあえず、次回は忘れずに録画セットしました。