はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

劇薬(師匠)の投入が必要なのか……(それはそれで)

◆wayさん
 >「息を吹き込む側が肺活量足りてないので膨らまない風船」みたいな例えをしている方を見ました。
ああ、それは面白い例えですね。なんかこー、余裕が無いんですよねー。
 >むしろ本作のコンセプトなら、一個や二個ぐらい吹き飛ばしてナンボ、ぐらいの気がするんですが、妙なところで真面目すぎるというか。
良くも悪くもメインライターがずっと書いている事もあり、意外とこじっかり計算しているのだけど、結果としてこぢんまりしている、みたいな所がありますよね(^^;
 >天晴に好感度持てないのに、作中で問答無用で持ち上げられてる、っていうのは見ていてちょっと辛いですからね(笑)
この辺り、修正入ってきたのは、良かったですねー。これでもう一押し、天晴の客観的ないい所話があると良いのですが。
 >凪を目一杯常識的に(視聴者視点寄りに)していけば、狂気のスケール感もちょっとわかりやすくなりそうですけど
 >(多分、前回のキンジへの容赦ないツッコミとか「合わせるの、得意だからね!」発言とかそれを意識してるのかもしれないですが)
凪は安定志向を拾って、メンバーの中では常識的(良識派)、みたいな扱いにシフトしていっている感じですね。いっそ他のメンバーに振り回される立ち位置の方が、尺度にもなるし個性も出て確かに良かったのかも。