はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

プラズマ大回転

◆さやまきさん
 >個人的な好みで言うとウインスペクターの純子さん以来戦う女性キャラには期待して裏切られが続いてた(苦笑)ので
正直、雑な扱いが続いてましたよね……(^^; レッドルにはせめて棒立ちを回避する健闘を期待したいです。
 >あんまり女性的ラインは押し出してないのでやっぱり小さな男の子のお友達的に女性戦士はアウトなのかもですけどσ(^_^;)
レッドル見た目はマッスル体型ですし、麗も今の所、タフな洋画系ヒロイン、って感じですよね。
 >メタルヒーローとしてはメカの特撮って添え物的要素が強かったので本格的にやってくれるのは見ていて素直に嬉しいですww
力入っていて格好良かったですねー。ビートマシンは思いの外好印象です。
◆インザファイトさん
 >管理人氏は扇澤氏参加のメタルヒーローにBF以降抜きでランキングを付けるとしたらどうなりますか?
私もワースト争いは『ジバン』と『ブルースワット』ですかねー(^^; この2作は、駄目の方向性がちょっと違うので、比較としては悩みます。『ソルブレイン』は単発で悪くないエピソードもあるので、ややマシで。
トータルの完成度としては『ジャンパーソン』が高いと思いますが、エポックとして凄く評価しているので、ベスト1に挙げるなら『ウインスペクター』でしょうか。
 >扇澤氏の回に登場した天火星・亮の活躍は結局無駄だったのですね^^;
少年探偵団含め、その辺りは全て無かった事にしてしまいましたね(^^;
 >それぞれの2割程度にしか割り与えられていないメカ部分にサブタイトルが当たっている時点で宮下さんがメカニック好きだと思われます。
玩具展開の都合で序盤にメカフィーチャー回を突っ込んでくるともう一つ盛り上がりに欠ける時がありますが、今回のビートマシンは割と良かったと思います。メカへの愛なのか。
 >確か金田監督がジャンパーソンの演出を行ったのは・・・あの酷評に次ぐ酷評のネオギルド最終決戦回だけでしたよね?なんだか複雑です。
金田監督はなんとなく、脚本の内容をストレートに見せるタイプなのかなーと思っているのですが、そういう点で内部では、脚本が悪かったけど演出は良かった的な評価を受けるんですかねー。