はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

イラン−日本

前半ぐだぐだでつまらなかったですが、後半は30分過ぎぐらいまではそれなりに楽しめました。気になった事を箇条書きで。

  • 松木うるさい ……まあ、毎度毎度の事ですが。にしても、野球においては東尾もそうですが、TV朝日とこの手の解説者の間には、何か理屈を越えた関係があるとしか思えません。
  • 撮り慣れない現地のカメラだから仕方ないとはいえ、何故ああも、試合の真っ最中に選手のアップを無駄に映すのだろう(笑)
  • 予選敗退したサウジも、予選突破したヨルダンも、まさか日本で自国の代表が不甲斐ない事をフォローする為の“アジアを勝ち抜く事は容易ではない”というキャッチフレーズのだしに使われているとは思わないだろうなぁ……。
  • 日本のDFは頑張っていたような気がする。
  • 日本代表の未来を考えた時、今大会ここまでの川口能活は“神懸かっている”というよりは“悪魔懸かっている”という方が適切な気がする(笑)
  • 間にタイ戦挟んでいるので眩惑されそうですが、相手のDFとGKがまともなら、今の前線の組み立てではそうそう点が入らないという事が、オマーン戦に続いて証明された感じ。
  • 年のせいなのかプレイスタイルなのか、あまり走らないアリ・ダエイ。……アマラオを思いだす(笑)
  • ダエイさん、決定機を外す。うーん、残念。
  • にしても思ったより、イランは攻撃の連携がうまくいっていないような。
  • マハダビキアはやはり素敵だった。バレリも良い感じ。
  • 終始、「イランは絶対に負けられません」「後半になると焦ってくるでしょう」を連呼する実況。……いや、イランはオマーンの結果に関係なく引き分けなら決勝トーナメント進出確定なので、最後の最後になったら焦るどころか当然引き分けを狙ってくると思いますが。(※負けられないといえば負けられないけど、負けてもまだ可能性はあるわけで) その最後の最後、日本がボールを回している間に「なぜイランは攻めてこないのか!」を重ねて連呼。口振りからすると本気で勘違いしていた雰囲気なのですが。誰か、引き分けなら勝ち点1入る事を教えてあげて下さい。
  • 勿論、移動して韓国と当たるよりも、移動せずにヨルダンと戦った方が楽そう、というのはありますが。どちらにせよ、先を考えた時に無理する場面では無いと思われます。

……そう、今大会は、そもそも日本にとって無理をする時なのか?
ジーコ監督は多分最後(それがいつになるかはわかりませんが)まで、“ワールドカップで決勝トーナメントに進出するサッカー”ではなく、“目先の1勝が一番大事なサッカー”をやり続けるのだろうなぁと、漠然と思っていた事がなんとなく確信に変わった本日の試合でありました。
イランもイランで、なんか組み直さないといけなさそうな感じは強いですが。……それとも、重慶はサッカーをやるにはあまりに酷な環境なのか(^^;