はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今月は音楽月間

今月の日記タイトルは「GMSがぐさりと来た歌詞特集」……で行く予定。
ネタが続くのか不明。
“ぐさり”は色々な意味で。
というわけで記念すべき第1回は、「わかれうた」(中島みゆき)より。
私の中での好きな中島みゆきの歌、堂々第2位です。
出だしです(笑)
いきなり、凄い壮絶な所から始まります。
「ありません、というかむしろ、したくありません」となんかこの歌を聞く度に心の底から必死に思います。どう考えても、もの凄い悲惨な状況しか想像できないのですもの。
“もの凄い悲惨なイメージを想起させる歌詞”としては、私の中で3本の指に入りますよ。直截的に悲惨な光景を歌っている歌詞なら世の中色々あるかとは思いますが、これだけ間接的にでも絶対悲惨な光景だと思わせてくれる歌詞はなかなか無いなぁと。
しかも、血生臭くない悲惨。
だからなんかますますイメージが拡がる。それが凄い。