はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ちょっと勘違い

昨日の『ドラゴンフォース』の感想で、一つ間違えていました。
キョウエンとの決着はあのイベントだから、ついてますね(^^; いつも謎なのは、あの辺りのイベントがらみっぽい一枚絵がエンディングでは出るのに、ゲーム中に出ない事の方でした。どうなるかしら、出るかしら。
ああ、レジェンドラ最強忍者ハヤテさんは今回も格好いい上に激強なのでご安心下さい。
後やっぱり少し、成長関係のデータとかは弄られているような気がしてきました。PS版、レベルアップ時にやたらに内政能力(70以上あると内政モード時に「探索」が可能になる)が上がる気がします。サターン版ではほとんど上がった記憶無いのに。お陰でたまに、妙な人がやたらに政治力高いです。レオンとか。
あと、一部キャラは戦闘能力に調整入っているかも。サターン版で鬼だったレイナートが、妙に弱体化しているような。いやこれは、気のせいかもしれないですけど。特にメテオストームの威力が落ちている気がする。ティリスは相変わらず弱いですが(笑)
まあ、とにかく全体的に、原典に忠実な、というか原典を非常に大切にした、好感の持てる出来の良い移植になっております。ブラボー・セガ
というかホントこのノリと勢いで、『バーニングレンジャー』と『アゼル−パンツァードラグーンRPG−』を是非。
『アゼル』だったら2500はみ出しても許すので、是非。