はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

地獄に堕ちても忘れるな

「サイレント・キリング」という単語があやふやだったんで確認しようと思って『ジーザス』(作:七月鏡一/画:藤原芳秀)めくっていたら、そのまま1巻分まるまる読んでしまいましたよまた。どれだけ『ジーザス』好きなんだっていう話ですが、滅茶苦茶好き、としか答えようがありません(笑)
思うに、変身するわけでも手から光線出すわけでも必殺剣があるわけでもない、全く別の“格好いい”というのを教えてくれたマンガなんですよね私にとっては。そして『ジーザス』において特筆すべきは、“戦う男の格好いい”と同時に、“戦わないけど格好いい女”が描かれていた事。水谷先生は本当に素晴らしい。
さてさてそして、どうやら我らが楯先生が、いよいよ今秋帰還の予定な模様。楽しみだなぁ。
闇のイージス 1 (ヤングサンデーコミックス)

闇のイージス 1 (ヤングサンデーコミックス)