はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

まさし、更に

というわけで久々にまさしゲージが上がっていたので、また買ってしまいました、アルバム。そろそろ、フリーフライトから出ている基本(というかなんというか)のアルバムはコンプリートしてしまいそうな勢いです。

まさしがある日見た夢をきっかけに(人と一緒にアルバムを作る夢だったらしい))、さだまさしと関係者がコネを総動員して、多数のミュージシャンにお願いして回った結果、弾厚作加山雄三)、三波春男、谷村新司南こうせつ財津和夫、などなど、錚々たるメンバーが集まってしまった、夢の超絶コラボアルバム。
なんですが、買った後にふと思って、実際に聞いてみたらその通りだったのですが、詩にしろ曲にしろ“人にあげる”“人のにつける”という条件がある為か、全体的にやや大人しめ。それはそれで、メンバー的にはやはりレベルは高いのですけど、綺麗な所で落ち着けた、という感はぬぐえず、そこに少しばかり物足りなさも感じないではないアルバム。ただそんな中で異彩を放つのが、作詩:谷村新司/作曲:さだまさし、による「桜月夜」。
もともと、とある音楽番組で共演した谷村新司南こうせつに話した所から企画が盛り上がって、一番最初にこの詩が届いた所から一気に現実化へ向けて進み出したアルバムだそうなのですが、長年の交友もありましょうが、「俺の詩にいい曲をつけてみろ、まさし!」「やってやるぜ、チンペイ!」みたいな雰囲気があって(台詞は筆者の脳内妄想です)、間奏の鬼気迫るヴァイオリン・ソロは聞き物。アルバム全体のアクセントになったという面でも、この一曲が特に良かったです。