はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2008年を振り返る:SF編

改めて、
アーサー・C・クラーク氏に、合掌。
野田昌宏氏に、合掌。
そういえば、野田コレクション(パルプSFなどの膨大な蒐集品)ってどうなったのかなぁ。昔の本には、カナダでジュディス・メリル(編集者・アンソロジスト)に会った際に「死んだら寄贈してくれ」と言われたとか、いよいよ死期が迫ったら伊藤典夫や南山宏の目の前で焼いてやる、とか書いてましたが(笑)
ちょっと調べてみたけど、わからず。
しかるべき形で保管されているといいなぁ……とは思うものの、本人も「内容的にはクズみたいなものも多い」と言っていたからなぁ。極端に、価値のある人にしか無いものだけに、どうなっているのやら。早川あたりで何とかしてくれているのかしら。
読書としては今年は、その野田氏の作品である『SF英雄群像』『スペースオペラの書き方』『スペースオペラの読み方』を梯子。まあこれは、SF者としては読むの遅すぎだろうという感もあるのですが、楽しく読めました。どれかに、「金持ちの従兄弟に車をもらった」と書いてあったのですが、あの人の事だよな(笑)
短編集『レモン月夜に宇宙船』も購入。是非とも、『あけましておめでとう計画』も再版してほしいなぁ。
「SFしといてよかった」よ、野田さん。