はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

骸骨の肉が落ちている

正直、駄目もとで買った(おぃ)のですが、DS版『サガ2』、面白いかも。
もとが名作中の名作というのもありますが、原典のシンプルさとテンポ、何より世界観を壊さない範囲での、うるさくないリメイク要素で、今のところは合格点。
演出過剰・過多になる事なく、どことなく大雑把にすら感じる作りは、かなり、懐かしさ、を意識している感じ。下手にやるとあざとくなりますが、『サガ2』に関しては、正解だと思います。
音楽の良さは言うまでもなく、新曲も悪くないです。
一つ大きな変更点として、今作、マップ中のエネミーシルエットと接触すると戦闘になるシンボルエンカウント方式なのですが、これがかなり良い感じの造り。
シンボルエンカウント方式の最大の欠点は、いざ戦いたい時になって肝心の敵がいなくなりがち、な事だと個人的には思うのですが、端から掃除していっても、半周して戻ってくるとまた湧いて出る、というような勢いで次々と敵が出現するので、獲物切れの心配なし。
その上で、このゲーム、主人公がビックリするほど足が早いです。オープニング終わって最初に動かした時に驚いたのですが、街中のみならず野外でも戦闘機ばりの機動性能。こちらに気付いた敵シンボルが走って追いかけてきても、振り切れます(笑)
そんなわけで、戦闘の回数をかなり意識的に調整できるというのが、非常に嬉しい。
前の方の土地に戻った時などは、ひたすら敵を避けながら進み、能力を上げたい時は、次から次へと狩る! 武装を省エネしたい時は、逃げ回る。特にちょっと買い物に戻りたい時などに、戦闘をほぼ回避可能なのは、ローストレスで有り難い造り。