はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

新春競馬初め(東西金杯)

買い目と結果、全さらし。
◆中山10R:初日の出S


5−13 100円
−−−
15 → 5 → 2
馬連 5−15 330円 
ガチガチの本命馬から絞って馬単で買うか、あえて縦目を狙うかで、縦目を狙って外しました。狙った馬自体は悪くなかった、しかし、そもそものコンセプトが間違っていた(笑)
◆京都10R:万葉S

2−12 100円
2→1 100円
1→2 100円
−−−
6 → 2 → 9
馬連 2−6 390円 
実績のあるベテラン組を切り捨てて、モンテクリスエスからハンデの軽い所と思い入れでメトロシュタインに流してみたものの、トウカイトリックが来てしまっては、仕方がない。配当も配当な為、外しても悔しくなかったレース。むしろメトロシュタインの結果が残念。そしてモンテクリスエスも、“長距離転向で覚醒した新星登場か?!”から1年で“どこへ出ても勝ちきれない常連さん”になってしまったなぁ。
◆中山11R:中山金杯

2−4 200円
4−9 200円
4−8−15 〔馬単BOX〕 100円x6
−−−
4 → 12 → 9
馬連 4−12 2230円
馬単 4−12 3220円
ワイド 4−9 5840円
トウショウウェイブが残っていたら、冗談抜きでコート代が出たっぽい(笑) 悩んだ末にアクシオンから散らさずにボックスと併用したのですが、結果的には切ったシロッコが来てしまったという、悲しいパターン。せめて4−9ワイドも買っておけばと、当てられそうだった馬券だけに、後悔が募る。
◆京都11R:京都金杯

5←→14 200円x2
 ←→13,9,7 100円x6
5−9−12 〔三連複〕 100円
−−−
7 → 5 → 8
馬連 5−7 1380円
馬単 7→5 4230円 的中
新年早々、豊さんのやっちゃった感じと、スマートギアの本領発揮でしたが、こちらは逆に、最後に押さえた一頭が来て、的中。スマートギアを信用しきれない為に、裏表で買い目を増やしたのが功を奏しました。スマートギアは本当、どこへ行けばいいのやら。三連複はちょっとした遊びです。ここで遊びを買うなら、その分なぜ、4−9のワイドを(以下略)。つまるところ、アーリーロブストは去年から期待している1頭なのですが、なかなかこちらも勝てない。
そんなわけで、なんとか競馬初めの収支はプラス。行きがけに買った中古のゲーム代ぐらいは出ました(笑) 結果的には、中山金杯も、京都金杯と同じ買い方すれば良かったのね、という形になりましたが、走っているの見た事ない馬(アクシオン)だと、なかなかそれを思い切れないのが、経験値の足りない所。
京都金杯は2年連続の的中で、なんだかゲンのいいレースです。