はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『GA芸術家アートデザインクラス』(きゆづきさとこ)5巻、感想

GA 芸術科アートデザインクラス (5) (まんがタイムKRコミックス)

GA 芸術科アートデザインクラス (5) (まんがタイムKRコミックス)

ストーリー系4コママンガの描き手としては、今、日本で五指には入る作家だと思う。
とにかく、構成力が抜群。
もし「まんがたいむきらら系」という扱いと括りで、評価が低いとしたら、損失というレベル。
明確に季節感が取り込まれて物語中の時制にはっきりと方向性がついたのは3巻途中ぐらいからだと思うのですが、今回は主に夏休み編。この分だと、(連載が順調に続けば)進級と美術部の3年生の卒業までを描いて目処、という感じになるのか。これまで間接的な接触に留められてきた美術部と、今巻で一つ線が繋がりましたが、文化祭を前にして美術部と絡む事になるのかしら。
そういえば、ぱらぱら読み返していたら、2巻の時点で美術部の元部長は「野崎部長」と明言されていて、その時は全くスルーしていたので、気が付いて驚いた(^^;
まあ、ストーリー云々という作品でもないので、次の巻を楽しみに待ちたいと思います。
1年後か……1年半後か……はたまた2年後か……。
ただでさえコミックス化まで時間のかかる4コマ系ですが、作者が順調に連載してくれる事を祈るのみ(たまに連載誌を覗くと休載、というパターンが多い)。
個人的には、外間先生と宇佐美先生に何とかなってほしいです。
あと、そろそろキョージュの婚約者も見たい。