はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

来年もフォージャスティス

◆kanataさん
 >そもそもバンがこんなキャラクタなら、ボスはどうしてこいつを呼んだんだというお話ですし。
バンって本来は、刺激物というかイレギュラーの役割ですものねー。すっかりその辺りは、埋没してしまっていますが(^^;
レッドの扱いとしては、歴代でもかなり酷いまま、1クール目を終えてしまたのは、今後への不安材料ですね。
 >なんというか、最後のオチのような態度を最初から示すのがバンじゃないのかと思うわけで。
ああ、ボスに頼ろうとしないバンの態度が4人との間に亀裂を生んで……みたいな展開で上手く回せば、バンを持ち上げた上でボスと5人の関係性を改めて立て直す、みたいな事も出来たかもですね。
 >ジライヤもダイナマンダイレンジャーの配信も今年だったんですね……いやあ、今年の東映特撮YouTubeは強敵でした(−−;
前半もけっこう濃かったのに、ジャンパーソン濃すぎて、あれ、毒斎様今年?! みたいな(笑)
 >メギド王子やカー将軍、夢野博士の焼き直しに失敗したのかなという側面も見えてくるので。
確かに敵味方のサブキャラのはまり具合、という点では、良くも悪くも後代の作品の壁になったのかもですねー。
王子のへたれの逆用はウルトラCすぎましたし(^^;
 >……ただ良太郎の不幸設定そのものは正直、映像としてちっとも面白くないうえに、
 >物語の装置としても機能しないまま終わってしまった気がします。
そういえば、「特異点」がらみで何か理由でもあるのかと思ったら、そこはキャラクターとしての掴みと、中盤以降は時々思い出したように使われるだけでしたね。敢えていえば、モモタロス達に感染……(おぃ)
◆gariさん
 >デカレンギャバンのヒーローショーはこのレポートでネット上に広まり、その評価と知名度が高かった事で
 >「ボスとギャバンは親友である」と言うのが半公式の裏設定にまでなっています。
おお、そうだったのですか。まあ宇宙刑事繋がりとして面白すぎる上に、なんか納得してしまいますよね(笑)
 >そのため「ゴーカイvsギャバン」ではボスの出演も検討されたものの、尺の問題と話の軸がブレる事から
 >惜しくも見送られた、と言う話。
なるほど、物語としては入れなくて正解だったとは思いますが、冒頭でゴーカイジャーギャバンと戦った時の「デカレンジャーの捜査で無罪に云々」という台詞は、その辺りを意識して特に入れたのですかねー。
◆大迫直哉さん
 >来年はブルースワットマジレンやシンケンやバイクロッサーが新しく配信をすることを願いながら、今年を終えようと思います。
『バイクロッサー』は順調なら来そうですねー。今の流れで『シンケン』が来てくれると嬉しいです。