はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

大おでん

◆ジャンさん
 >重なったの折神達を劇中でおでん見たいと言われたのでおでんシンケンオーと名付けられていて、あれは玩具でも可能という
ああ、玩具でも再現できるのですかおでん(笑) 前半で緑の持っていたおでんが、あの形だったりするんですよねー、細かい。
◆divoさん
 >札幌移転以降でも黄金期含めての一定の歴史ができて、基本外部招聘だった傾向がどう変わるかは興味深いですね。
そろそろ、移転以降の顔的選手が引退する頃合いになって(別格として新庄は居ましたが)、チームとして過渡期になりそうで今後の舵取りは面白いですねー。
 >鎧かどうかは微妙ですが、モモタロス
 >……もまた別種のダメ男でしたね(笑)
…………ダメ男ですね(笑) 書いていて思いだしたのですが、道士カクも終盤、赤い鎧を着ていたので、何か赤い鎧に、ダメ人間を引き寄せる波動があるのか……。
Beniさん
 >シンケンジャーの殺陣に慣れてしまうと、翌年のゴセイジャーが光線銃を使っているのがとても卑怯に見えたものです。
そんな副作用が(笑)
 >外道衆の幹部は血とか骨とか皮とか、人間の体を構成するものが名前に入っているのが特徴ですね。
ああ、そういうネーミングでしたか。篠原デザインは基本的に好きなのですが、幹部陣はグロと怪奇のバランスがいいですね。ドウコクさんには、頑張っていただきたい。
◆橘まことさん
 >確かこの作品では「敵に斬られる=死」というのを意識していて、敵の武器に当たらない立ち回りになっていたはずです。
成る程、チャンバラ系の殺陣としてそういう要素を入れたので、間合いが独特になっているのですね。
 >元々は標準語で脚本が書かれていたらしいのですが、イマイチしっくりこなかったところ、役者が京都出身で京都弁を使うようになったとか。
おお、ネイティブ京都弁だったのですかー。結果として凄い打撃力になって成功でしたね。