はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『Gレコ』補助テキスト:それでいったい何が起きているのか3(14〜18話)

『Gのレコンギスタ』、各エピソードで発生した主な出来事と、登場した各勢力・キャラクターの思惑や行動などを、ざっくりめにまとめてみました。筋をわかりやすくする目的の為、語句の説明などが前後している場合がありますが、ご了承下さい。14〜18話まで。
その1(1〜6話)→〔http://d.hatena.ne.jp/gms/20150202/p3〕
その2(7〜13話)→〔http://d.hatena.ne.jp/gms/20150203/p1〕
◆第14話「宇宙、モビルスーツ戦」◆
〔今回揉める人達:ガランデンvsドレット軍、サラマンドラvsドレット軍、メガファウナvsドレット軍〕

◆第15話「飛べ! トワサンガへ」◆
〔今回揉める人達:メガファウナサラマンドラvsドレット軍(マッシュナー艦隊)〕

  • トワサンガへ向かうメガファウナサラマンドラvsそれを追うマッシュナー艦隊の戦闘。
  • 完全に復調したラライヤ、自分の素性と事情を説明。
  • ラライヤの本来の任務は、レコンギスタ作戦の為にドレット軍の先発隊として地球へ降下し、本隊の到着を待ちながら出来れば「レイハントン家の生き残り」を探す事であった。
  • 月では過去にフォトン・バッテリーの技術を巡り、その秘密を知るレイハントン家とその公開を迫るドレット家の対立があったが、結局その技術はヘルメス財団の管理下に置かれる事となった。
  • G−セルフの正式名称は、YG−111。ドレット軍に制式採用されなかったMSを偵察に用いたもの。
  • マッシュナー艦隊から、ロックパイの操る長距離狙撃用のビーム兵器・アリンカドが出撃し、G−セルフはアサルトパックで迎撃。長距離射撃戦→白兵戦、という戦いが行われ、ロックパイ撤退。
  • ラライヤ、鹵獲したリンゴのモランに率先して乗り込むという、アクティブな面を見せる。
  • ドニエル艦長とクリム達、お互いの腹づもりを探り合う。
  • マッシュナー艦隊の追撃を振り切ったメガファウナサラマンドラ、ラライヤの生まれ故郷でありトワサンガの中心的コロニー、シラノVに入港する。
  • リンゴによるとトワサンガでは、ドレット軍とハザム政権の軋轢がある。
  • サラマンドラ組(クリム達)、シラノVの守備部隊であるガヴァン隊に捕まる。
  • メガファウナ組、ラライヤの知己であるフラミニと出会い、会わせたい人が居ると招かれる。

◆第16話「ベルリの戦争」◆
〔今回揉める人達:G−セルフvsガヴァン隊〕

  • ベルリ達はフラミニアの案内で、ドレット軍の行動に批判的なトワサンガ反戦レジスタンスのリーダー格、ルッカミラジと引き合わされる。
  • ルッカとミラジはかつてレイハントン家に仕えており、アイーダとベルリが地球に亡命した「レイハントン家の生き残り」、レイハントンの王女と王子という、実の姉弟であったと判明。
  • 月での政争を逃れ、幼い頃に地球へ連れて行かれたアイーダとベルリは、そこでお互いの事を知らないまま別の家に預けられ、養子として育てられていたのであった。
  • G−セルフにはレイハントン家のDNAデータなどが仕込まれており、正規パイロットであるラライヤを除くと、レイハントン直系の人間しか操作できないようなロックが施されていた。
  • クンパ大佐を拾った為に一番後ろになったガランデン、シラノVに到着する。
  • クンパ大佐、キャピタルからの使者として、正面から堂々とハジム政権に接触
  • サラマンドラもまた、クリムのアメリア大統領の息子という身分により、ゲスト扱いを受けていた。
  • マスク「向こうの軍事力をいただいて帰るには、一度は仲間になってみせる」
  • マッシュナー「あのな、ここに入港させたら両方ともこちらのもんなんだよ」
  • ミック「キャピタル・アーミィがやる前に、ドレット艦隊の主導権を奪うつもりなんでしょ」
  • みんな、他人の戦力を自分の物にしようと、好き勝手な事を考えていた。
  • シラノV生まれである事、アイーダ姉弟である事、明かされた真実に動揺を隠せないベルリは、ガランデンから事情を聞くと理由をつけて単独出撃。迎撃に現れたガヴァン隊を、苛立ちをぶつけるように撃破する。
  • ガヴァン隊は撤退。G−セルフもメガファウナに連れ戻される。
  • チュチュミィ、用済みになる。

◆第17話「アイーダの決断」◆
〔今回揉める人達:メガファウナvsマスク部隊、クリム&ミックvsマスク部隊&間違われたリンゴ〕

◆第18話「三日月へ乗れ」◆
〔今回揉める人達:メガファウナvsガヴァン隊vsマッシュナー艦隊vsマスク部隊vsクリム&ミック〕

−−−−−
13話ラストでアイーダトワサンガ行きを決断し、道中→到着→衝撃の真実→更なる世界の果てへ――と、トワサンガ編とでもくくれそうなのが、14−18話。アイーダとベルリの出自が明かされるとともに、合わせてG−セルフの背景が掘り下げられるという構造になっています。
ここまででG−セルフについて明かされた事を時系列で並べると、
反戦レジスタンスの老人達がYG−111として建造(どうしてドレット軍の為に新型MSを建造したのかは謎ですが、何かやむにやまれぬ事情か、政治的思惑があったと考えられる)

ドレット軍に制式採用はされなかったが、地球偵察に先発隊として派遣される事になる

老人達、地球に亡命させたレイハントン家の王女と王子(アイーダとベルリ)を探す一助にしようと、機体にレイハントン・コードを組み込み、ラライヤを除くと、レイハントン直系の人間しか操作できないようなロックが仕掛けられる

地球へ降下中、キャピタル・ガードと宇宙海賊に捕捉され、カーヒルによって鹵獲される

パイロットのラライヤは脱出してデレンセンに救助されるが、心神喪失状態となる

アイーダ、カーヒルの拾ってきた機体を自分しか操縦できなかった事から、G−セルフと名付ける(この際、レイハントン・メタルを手に入れたと思われる)

本編1話〜
という流れ。
第3話の脱糞、第5話の挿入、とベルリとG−セルフの紐付けは前半に行われていましたが、紆余曲折の末改めて第18話のラストでベルリがG−セルフを肯定的に受け入れる(ように見える)姿が描かれたのは、そこで完全に、G−セルフがベルリ(達)のG−セルフになった、という意図かと思われます(この点は、第19話で裏打ちあり)。
13話で華々しく登場したトワサンガ勢力ですが、「レコンギスタ計画」を推進するドレット軍はあくまで軍部のタカ派であり(軍全体なのか軍の一部なのかは、現状不明)、トワサンガの総意ではない事、地元に帰れば政権や地元居残り組とは軋轢があるし、反戦レジスタンスも居るし、エネルギー供給を抑えロストテクノロジーを有するヘルメス財団には頭が上がらない、という立場である事が判明。
フォトン・バッテリー配給の流れとともに、ここまでに明かされた世界の全容を図にすると、以下のような感じ。



ビーナス・グロゥブ
ヘルメス財団:???〕

クレッセント・シップ

トワサンガ
〔ドレット軍:地球移民作戦「レコンギスタ計画」の実行〕
〔その他:地球居住を望む住民も多いが、時期尚早という勢力も存在〕

カシーバ・ミコシ

ザンクト・ポルト
スコード教キャピタル・ガード:人類の存続と地球環境の保全の為に粛々と業務実行〕

キャピタル・タワー

地球全域
キャピタル・アーミィ(クンパ大佐):地球圏で戦火を広げようとしているように見えるが、真意不明〕
アメリア:エネルギーの供給がキャピタルに独占されているのが不満。革命だ!〕
ゴンドワンアメリアと大陸間戦争中〕

トワサンガでの小競り合いにも我関せず、あくまで超然と、ヘルメス財団が黙々と地球へフォトン・バッテリーを配給し続けるのは、純粋な理想主義なのか、宗教的大義なのか、或いは何か利己的な思惑があるのか、という所はまだ皆目不明。
これと、出自こそ判明したものの相変わらず目的不明のクンパ大佐の真意、そしてレイハントン家の秘密、というのが今作終盤の展開のキーとなりそうです……多分。
19話でまた色々ありましたが、まだ感想まとめていないので、後は感想まとめながら、こういう簡略化を出来れば挟んでいければ、ぐらいの予定。