はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『特命戦隊ゴーバスターズ』感想19

◆Mission22「美しきアバター エスケイプ」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:小林靖子
久々に通常空間を覗いたメサイア陛下は考えた。
なんか最近、コスプレ野郎が小舅みたいに口うるさいし、どうせコスプレするなら、若くて綺麗な女の子の方が良くね?
そんわけで、メサイアの生み出した新たなアバター、セクシー系女幹部・エスケイプが登場。
もんでゅう男爵ことエンターよりも、更にサイバーでパンクな雰囲気を押し出した衣装デザインのエスケイプは、二丁拳銃ゴグとマゴグを使用。
ゴグマゴグと言うと、太古のブリテン島に住んでいたとされる巨人の名前ですが、「敵対者」という意味から取ったのか。
ところで今作、重要なキーワードにも関わらず未だに「アバター」の劇中定義づけが無い上に、陣(本人の人格が反映された通常空間で行動する為の現し身)とエンター(どちらかというと、独立した人工生命体、といったニュアンス)の描写も明らかに違うのですが、意図的なミスディレクションなのか、軌道修正によって生じた設定のズレが合わせきれていないだけなのか、少々気になる所です。
どちらにせよあまり誉められた用い方ではないので、本当はその定義付けをしっかりしてほしい。
メサイアが分身として設定しているとすると、“ご飯も沢山食べたいし、たまにコスプレではっちゃけたりもしたいけど、そんな生活にちょっとブレーキをかけなきゃと思っている自分”と、“セクシー美女から「パパ」と呼ばれたい願望を実現してくれる自分”を通常空間に派遣している事になりますが、陛下に必要なのは、人間の嘆き苦しみではなく、精神分析ではないのか。
……まあ、人類に叛旗を翻した巨大コンピューターに必要なのは、常に精神分析という説もありますが。
他に、メサイアそのものが反映されているのではなく、亜空間の“誰か”を投影しているという可能性もありますが…………ヒロムの両親の若い頃を参考に作ったとかだったらどうしよう。戦闘不能ですよ。
ヒロムが。
新たな危機が多方面から浮上するその頃、司令部にとあるビルからエネトロンをいただくという犯行予告が届いていた。悪戯の可能性は高いが万が一を考え、変装したヒロムとヨーコがそのビルで行われる脱出ゲームに紛れ込んで警戒する事に。実際にそれは、「ゴーバスターズに協力している」と友人に嘘をついて引っ込みのつかなくなった小学生の悪戯だったのだが、エスケイプがそのビルに現れた事で、嘘から真が出てしまう。
脱出ゲームと敵の能力を絡めてアトラクション的に展開するのかと思いきや、キーロイドが建物をまとめてロックして大雑把に市民を閉じ込めてしまったのは、ちょっと肩すかしで残念でした。
エピソードの軸になるのは、級友達に認められたい一心でゴーバスターズと知り合いだと吹聴し、遂に威力業務妨害に至ってしまった少年に、本当の“格好いい”を教えるヒロム、という、珍しい子供ゲストとの交流。
「みんながすげーって言ったら、すげーのか?」
「自分の価値を他人の判断で決めるから、誉めてもらわなきゃ安心できないんだ。嘘をついてまでな」
「いいとこも、悪いとこも、どっちも自分なんだよ。ショウタ、もっと、ちゃんとホントの自分を見ろ。じゃなきゃ自分が可哀想だろ」
ヒロムの直球路線を活かして、子供を真っ正面から諭すヒーロー、と持ってきたのは良かったと思います。
……にしても、コンピューターおたくでスクールカーストの低さに悩む少年の、一応一緒に脱出ゲームに付き合ってくれる友達が、ガリ眼鏡と太っちょであるという、酷くシビアなリアル(笑)
バスターズは人々を脱出させる事に成功し、エスケイプはお披露目回という事で、くるくる回ったり垂直の壁を走ったりの派手な戦闘。エスケイプの目的はメサイアを喜ばせる事であり、転送されたメガゾードは疑似亜空間を展開。……喜ぶメサイアパパは、早くも酒に溺れたおっさんのように(^^;
疑似亜空間を使わないとグレートゴーバスターの出撃理由が作れない為、ヴァグラスの活動目的がやや変更。
「我がマジェスティは、これからは私ではなく、エスケイプを通してこの世界を味わおうというわけですか。……快楽を教えたのが、早すぎましたか」
その顛末を見ながら、もんでゅう男爵は寂しげに歩み去るのであった……と言っても、エネトロン集めはエネトロン集めで必要そうですが、エスケイプが表立って活動している間に、実はエンターが真面目にエネトロンを集めていました……みたいな流れになるのかどうか。解雇の危機が迫るコスプレ男爵の明日はどっちだ!
余談ですが、『炎神戦隊ゴーオンジャー』のケガレシア様以来の顔出し女幹部となるエスケイプ。水着回も消滅して久しい昨今、悪の女幹部なら割ときわどい衣装も許されるという基準は割と謎ですが、いざとなったら、人間じゃないで通せるからなのでしょうか(笑) ケガレシアはかなり早くにメカ人間であるという描写が入りましたし、エスケイプは最初からアバターですし。色々、考慮の見える所であったり無かったり。