はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

勇気とは……!

ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル』雑感。

格ゲーに関しては

  • ヴァンパイアハンター』ぐらいの頃が一番やっていた
  • 基本的なコマンド技の入力は左右どちらでも出来る
  • ごく単純なキャンセル技は使える
  • ガードキャンセルあたりで脱落
  • 複雑な連続技などはとてもできない
  • 気がつくと連打してしまう

という程度の腕なので信用に値する評価かはさておき、思った以上に格ゲーとしても遊べるのではないでしょうか。
基本を一通り抑えた上でアレンジしたシステムで、動きもスムーズ。操作も複雑にしすぎなかった上で、ゲージ消費して強制キャンセルなど、中級者以上向けの要素も組み込んである感じ。おそらくコマンド入力の判定はやや甘めで、大技も簡単に出せるようになっているので、格ゲー慣れしていなくても楽しめる作り。
売りである大技の演出はやはり非常に格好良く、普段、格ゲーをやらない層を取り込める出来になっていると思います。
DIOとか本当に「時を止めてしまう」ので、バランスに関しては、上手い人が強めの調整のキャラを扱うと何かとんでもない事になりそうな気もしますが、その辺りは“『ジョジョ』を楽しむゲーム”という事で良いのかな、と。あと康一とか背の低いキャラが割と鬱陶しい。
基本のゲームモードは、使用キャラクター開放が主な<ストーリー>、オンライン対戦可能な<バーサス>、オンラインでCOMと戦ってカスタマイズメダルを集める<キャンペーン>、キャラクターの挑発台詞などをいじる<カスタマイズ>、各種<ギャラリー>。
あちらこちらに原作のキャラクター、小ネタが詰まっており、究極の『ジョジョ』ゲーを目指したという言葉に恥じない、愛に満ちた作りになっています……まあこだわりすぎて、私程度の好きだと、えーと……これ誰だっけ? みたいなキャラが多いんですが(笑)
とりあえず格ゲーとして仕込めなかったネタは、<キャンペーン>に注ぎこんだ仕様になっており、この<キャンペーン>は、無料DLCで追加されていくとの事。
ただこの<キャンペーン>は少々くせ者でして、カスタマイズはお遊びではあるのですが、カスタマイズするにはメダルが必要→メダルが手に入るのはキャンペーンモード→キャンペーンモードはオンライン専用、と、案外、オンラインのウェイトが重め。繋げて当然の時代という事なのかもしれませんが、この辺りはもう少し、早めにアナウンスしておいても良かったのでは、と。
合わせて(追加キャラなど)DLC自体はビジネスモデルとしてそれほど否定的ではないのですが、発売日にゲーム起動したらいきなりアップデート始めたり、始まったら始まったでキャンペーンモードのダウンロードを要求されたりといつまで経ってもゲーム本編を始められず、さすがにそのぐらいは最初から入れておいて、というか、初日からアップロードしないといけないとか何、とは思う次第であります。
せめて最初のカスタマイズメダル分ぐらいは、オンラインに繋げられない環境の人でも楽しめるよう、製品に入れておいても良かったのでは。
DLC商売を成立させるには、ゲーム自体の完成度の高さ、というのは最低にして当然の前提ではないかな、とは。
(※海外の一部PCゲーみたいに、後からパッチやバージョンアップあてて完成するのがお約束、というものもありますが、あれは出す方も買う方もそれ前提なのでまた事情が違う)
とりあえず現在、ストーリーモードをみちみちやりつつ、初回特典DLCの吉良吉影(この為にすぐ買ったといっても過言ではない)で楽しんでいます。
シアハートアタックが非常に格好いいので、大抵の事は許せる(笑)
あと、ツェペリさんが思いの外、格好いい。
声の関係で、勢い余って波紋どころか無限力とか発動しそうでドキドキします。
なおストーリーモードは、戦闘していると溜まるゴールドによって使用可能になるサポートアイテムなど、初級者フォローは充実しているので、サポートアイテム&イージービート(弱攻撃連打による自動コンボ)ごり押しを良しとすれば、どうしても詰まってキャラクターが開放できない、という事は無いかと思います。私程度の腕でも、難易度〔普通〕で、たいがい何とかなる程度のレベル。……大統領だけは、金の力で強引に倒しましたが。
その辺りのハードルにはこだわらない上で、仕掛けで楽しませよう、という作り。
まあ、<ストーリー>モード自体はおまけ感が強く、ゲーム的にも演出的にも、もっと何とかなっただろう、という所ではあるのですが。対戦相手が限られるという事情があるにせよ、開発後半に強引に組み込んだのでは、というぐらい中途半端な出来。こういうモードこそ、名言紙芝居で問題ないのに。
家庭内か、友達と集まって対戦できる環境があれば、プレイバリューはかなり高いのではないでしょうか。ジョジョ好きの家人とか、値段の高いコントローラーとか、割と険しいですが。
ジョジョ熱の温度差が浮き彫りになっても喧嘩しない関係に限る……という気もする(笑)
たぶんカップルではやらない方がいい。
とりあえず、川尻浩作を出すべく、ストーリー進めます。