はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

宇佐見流古武術奥義「ホイップ・ステップ・ジャンプ・キック・フロムヘヴン」

◇『キラキラプリキュアアラモード』 第5話
「あなた、面白いわね」
うわーーーーー、花についたアブラムシを見る目だーーーーー。
アニマルティマー属性を持つ、街で噂の美人女子高生・琴爪ゆかりと、ひょんな事から街を散策する事になったいちか。選択肢を色々と間違えるも最後で一発大逆転、スイーツ要塞でゆかりとマカロンを作る事になるが、そこにアメリカを侵略しそうな顔色のマカロンアンデッドが現れてしまう……。
大抵の物事のコツを簡単に掴んでしまう天才肌であるが故に、何かに特別な興味を持つ事が出来なかったゆかりが、チャレンジする事そのものを楽しみ、失敗の中から新しいものを生み出すいちかに影響を受けて……というのを説明しすぎずにやり取りと表情で見せていったのは良かったです。特に、プライドを刺激されてマカロン作りに意地になる自分に気付いたゆかりが、照れを見せるのは良い演出でした。
にしても、プリンを作ると悪夢のバイオ兵器が誕生したり、問題の根幹はスイーツ要塞のオーブンにであるのでは。
そして、お菓子作りを楽しむ女子中学生と女子高生の姿をドアの隙間から覗いて
「うぉほ、うぉほほほほほほ……」
とか笑う長老は、胡散臭い通り越してだいぶ変態の領域。
しかしどうして長老の関係するカットには、妙に影が多いのですか!
今日もスイーツアンデッドを呼び込んでしまういちか達、前回を受けてコンビネーション攻撃を見せるも反撃を受けて追い詰められるが、ゆかりがキュアマカロンに覚醒。往年の映画女優をイメージしたような衣装のゆかりですが、変身時のBGMイントロがジャズっぽくて格好いい。
そして必殺・超電磁マカローーーン!!
カロンでどうやって戦うのかと思ったら予想を超える力技が炸裂し、この分だといずれ、キラキラルで錬成した2mの鉄塊じみたものを敵に叩きつけて圧潰する、みたいな、例年よりむしろ酷いジェノサイドが発生するのでは。
「レベルが違うんだよぉ!!」な4人目のプリキュアが登場し、中学生3人と対比させる構図が描きやすかったのか、掴みはインパクトばっちり。少々バランスの難しそうなキャラデザインなので、作画レベルの影響を如実に受けそうなのが気になる所ではありますが。まあ今作、崩す時は徹底的に崩すスタイルですし、今回は主にひまりとあおいが生け贄に捧げられ、足下の苔みたいな扱いになっていましたけど。
再会を約してゆかりと別れたいちかはその帰り道、突発性ダイブ症候群の発作に見舞われた所を、通りすがりの美少年・剣城あきらに助けられ……次回――チョコレートの王子様、登場。


◇『キラキラプリキュアアラモード』 第6話
アバンタイトルから普通に転落死しかける主人公。
前回のラストがラストだっただけに、大爆笑してしまいました。
なんて恐ろしい病なんだ、突発性ダイブ症候群……。
とりあえず、第6話まで見てきた元は、このシーン一つで取れました(おぃ)
しかしいちか、あの体勢での落下から咄嗟に受け身を取ろうと空中で体を反転させており、割とお父さんから鍛え上げられているのでは。もしかしたら、8歳ぐらいまで“武術界の神童”と謳われていたけど、ある日突然、「私、パティシエになる」と言い出して武術を辞めた(お父さんにとっての)悲しい過去とかあるのでは。
突発性ダイブ症候群も、元を辿れば体に染みついた宇佐見流古武術の体捌きなのかもしれません。
「ホイップ」で横移動により相手の視界から外れ、
「ステップ」ですかさず間合いを詰め、
「ジャンプ」で懐近くから斜め上へと飛び上がり、
「キック」で相手の顎を下方向から蹴り砕き、
「フロムヘヴン」で無防備となった相手の顔面に膝落としを叩き込むのだ!
そのお父さんは、久々に登場したと思ったら娘と朝食の時から服装が武道着だし、壁には実に味のある字で「誠」と書かれた額縁飾ってあるし、もう半年ぐらいすると、必要最低限に事務的な話題以外、口聞いてもらえなくなりそうで心配になります。
お隣さんだったあきらに華麗なお姫様だっこで助けられたいちかは、ときめきゲージがぎゅんぎゅん上昇して熱暴走……入院している妹にチョコをあげたいというあきらの為に奮闘するが、実はあきらは、女の人だったのです、というオチ。なおゆかりは、名前を聞いた時点で気付いたけど面白がって黙っていました。
プリキュア覚醒の流れは、黄がよく出来ていた後は同じパターンをなぞっているだけであまり面白くはならないのですが、変身バンクはやたら力の入っていた青を越える凄さ。王子様ムーヴに力を入れすぎたのか、必殺攻撃は大雑把でしたが。
映画宣伝OPではいきなりゆいちゃんに迫ってみなみ様から超不審者扱いを受けているあきらですが、劇場版でも男と勘違いされるネタがあるのか。本編で素性が判明される前の映像なので、視聴者目線としてはなんだか色々と複雑怪奇な事になっていましたが。
まあ『プリンセスプリキュア』世界には、ナチュラルかつアルティメット級の王子キャラであるカナタ様が居るから大丈夫だ!(何が)
次回――アンデッド軍団大襲来?! で、腹ぺこ妖精の背景が明かされそう。そろそろ能動的な目標が出てきてほしい所。