はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2017年を振り返る:アニメ編

毎度の事ながら「アニメを見る」スイッチのON/OFFの切り替わりが激しいのですが、『キラキラプリキュアアラモード』 は結局、自然消滅的にリタイアしてしまい(割と最近まで録画は続けていたのですが、さすがにもう無理そうだと判断)、3年間《プリキュア》シリーズに挑戦してわかりつつあるのは、『GO!プリセンスプリキュア』だけ異常に波長があったのではないかという事(^^;
放映後に田中裕太監督が富野由悠季フォロワー&特撮ファンだと知ったのですが、うんまあつまり、そういう事なのかもしれません。
最初に通して見た《プリキュア》が、東映ヒーロー視点でも、物語の好みとしても、あまりにもストライクすぎた為に、以後のハードルが無闇に上がってしまったという影響もありそうですが。
今年面白く見たアニメは、けものフレンズ』『リトルウィッチアカデミア』『ガールズ&パンツァーといったところ。
…………あれ? こうして並べると、メインキャラクターが女の子ばかりのアニメで、我ながらちょっとビックリ。
まあ、いわゆるハーレム構造の作品よりは、キャラクターを押し出しつつ、計算した物語を展開している、みたいな作品の方が、私の好みに合っているのかも。
来年は、『Gのレコンギスタ』劇場版が、本当に公開されるのか、ドキドキしながら過ごしたいと思います。
というか、劇場版で世評の潮目が変わる→プラモデルのラインナップ追加→ヘカテーがキット化される! を待ってる!!
元気のGだ!!