はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

僕は風に向かって立つライオンでありたい

◇『リトルウィッチアカデミア』 第7話
前回を受けて真面目に勉学に励むアッコだがテストの成績が振るわず、退学寸前まで追い詰められた所でアーシュラ先生が格好いい所を見せるの巻。
まあそもそも、途中入学のアッコが以前から在籍していた生徒達と一緒に授業を受けるなど色々とカリキュラムに謎が多い魔女学校ですが、小学校でも中学校でもなく専門学校のようなものなので、自助努力が求められるのか。まあ、なんだかんだでアッコ、幾つか魔法を使えるようにはなっているので、普段の授業もそれなりに糧になっているようではあるのですが。
アーシュラ先生は、現実に押し流されていつの間にか失っていたヤンキー魂に火がついた、みたいな描写でしたが、出来も物わかりも良くて実力もあるジョーカーキャラというより、現実の壁にぶつかって一度挫折してしまった大人、というポジションになっていくのか。
割と俗っぽくて現金な校長先生はじめ、教師達の変化も恐らく描かれていくのかとは思いますが、そういった布石を丹念に描いていってくれているのは好み。


◇『キラキラプリキュアアラモード』 第3話
屋外ステージで聞いたバンドのボーカリスト、立神あおいが同級生である事を知るいちか。タチの悪い割り込みから助けてくれた、気っ風のいい男前のあおいだが、憧れの歌手が審査員として参加するバンドコンテストを前に、新曲の歌詞に頭を悩ませていた……。
「歌詞を考えていたとは露知らず」
って、中学生とは思えない言葉が飛び出したな、いちか……。
憧れの歌手に歌を印象づけたいという気持ちが先行して自分を見失ってしまい、コンテスト当日までとうとう歌詞を作れなかったあおいに、差し入れとしてアイスを届けるいちか。
「ライオンのアイス……?」
「ステージで歌ってる立神さん、青空に吠えるライオンみたいだったから」
きらっと閃いた!

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった
何より君が僕を怨んでいなかったということが
これから此処で過ごす僕の毎日の大切な
よりどころになります ありがとう ありがとう

駄目、それ、絶対!
前回ひまりを追いかけなかったいちかですが、今回は迷惑そうにしている相手にしつこくつきまとい、頼まれもしない差し入れを楽屋まで届けるなど、一歩間違えなくてもストーカー気質を発揮。
冒頭の演出からは、いちかがあおいの歌を初めて聞いたとも、以前から知っていたとも取れる描写で、後者なら、元から思い入れがあるという事でいちかの行動にそれなりに納得が行くのですが、前者だと、暴走具合やひまりとの温度差など色々と引っかかりが出ます(^^;
はじめ後者だと思ってあまり気にしていなかったのですが、感想まとめている内に段々と不安になってきて、多分これ以上の言及はなさそうな部分な為、少々もやもや。
ライブステージに向かうあおいだが、いよいよ歌い始めようという所に、巨大アイスクリームアンデッドが出現。……かなりの数の人々に目撃されているのですがこの後も特にフォローはなく、集団幻覚などで片付けられるのか。
「このアイスのキラキラルを狙ってるペコぉ!」
そして、100%、君たちのせいか(笑)
まあアンデッドは街中のスイーツを標的にしているのでいずれ嫌でも衝突する事にはなるのですが、いちかのスイーツが狙われる→それを守ろうとする→プリキュアに覚醒、という流れも3回目になってしまうと盛り上がりに欠けてしまいます(^^;
あおいはサバンナの王者・キュアジェラートに本能覚醒し、通常の打撃は通用しないが、キラキラルを纏う事で有効打を与えられる、と今作におけるプリキュアーツを特徴付け。白と黄色のクリームでがんじがらめにした上で、フローズンナックルを打ち込んで、まーた来週〜。
週替わり登場のスイーツアンデッド達は今のところこれといった面白さはないのですが、OPに仮面の人が居るし、もう少し話が進むの待ちか。他に気になった所としては、いちかが日常の中で鋭敏聴覚を発揮している所ですが、ジューマン化が進んでいる……?! それと、やたら暑い暑いが連呼されてアイス屋カーなども繁盛しているのですが、劇中世界はいったい何月なのか……もしかして、南半球なのか。或いは、スイーツ山の爆発以降、大規模な気候変動に襲われているのか。いや、気にしない路線なら気にしない路線で良いのですが……季節ネタとか、どうするのでしょうか。
お菓子作りは今回、野生の勘の赴くままにひたすら材料をかき混ぜる筋力の使徒・いちかを、参謀役として科学の使徒・ひまりが補佐するという形で描いていましたが、お菓子作りと関係ない形で参戦したあおいを交えて、どういうバランスを取るのかはちょっと注目。
――だが次回、音楽性の違いで早くもプリキュア解散?!