はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

完成されたハーフボイルド

◆スピリットヒューマンさん
 >3巻では洋館でのミステリーという探偵物の王道ながらテレビではできなかったことをやるそうなので(まあ、園崎家が謎の洋館と言えますが)、楽しみです。
美少女メイド探偵が鮮やかに事件を解決……したようなしなかったような……(笑) 1エピソード1エピソード色々と趣向を凝らしてくれそうなのは今後が楽しみなところです。
 >“あのキャラ”はテレビ本編の最終回では存在が匂わされる程度だったので、再登場は嬉しかったです。
驚きと納得の具合が絶妙で、ホントいい登場でしたねー。
 >今回地味に衝撃だったのは翔太郎には家があるということです。
あれは私もビックリしました(笑) ちょこちょこそういった面白みがあるのもいいですね。
◆つるさん
 >2巻で登場したあのキャラ、良かったですよね
 >ある意味、一番漫画ならではという活躍だったと思います
今後もインターミッション的に、TVの制約を離れた事を活かした、こういう細かいエピソードは期待したいですね。
 >一方、所長が美少女でスリッパで人妻という設定も改めて凄いな、と^^;
先日見たVシネマでも人妻には見えなかったのですが、コミックでもやはり人妻には全く見えず(笑)
 >本編では内面や過去について、意外と焦点が当たらなかった翔太郎をメインに据えてやってくれそうなので、今後にも期待したいですねー
そういえば翔太郎、「昔は割とやんちゃしていたっぽい……?」ぐらいしか背景が見えないという、珍しい主人公でしたものね。