はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

最後の聖戦

日曜日はなんだかんだ言いながら、洋画劇場で『インディ・ジョーンズ〜最後の聖戦〜』を見てしまいました。多分、3回目ぐらい(^^; 愛しのショーン・コネリー様が出ているので、やっている度になんとなく見てしまいます。何かしながらではありますが。
基本的に、大して面白くはないんですよねー。脚本は穴だらけですし。映像演出的にもどうという事は無いですし。ただ、あれだけ次から次へとアクションに次ぐアクション、スペクタルに次ぐスペクタル、をやってくれる精神というのは突き詰めると立派だな、と感心してしまう映画。
後まあ、正義のアクションヒーロー(ハリソン・フォード)が、終始のんびりした父親(ショーン・コネリー)にひたすら丁寧語で話しながら振り回され続ける、というシチュエーションは、単純に面白いのでこれは企画の勝利ですが。
にしても、いつも思うのですが、向こうのアクション映画だったりアドベンチャー映画だったりは、何故ああも、無駄に血生臭いシーンが多いのですかね。ああいうの見てしまうと、アメリカ人は基本的に血生臭いの好きなんじゃないかと、勝手な偏見を抱いてしまうわけなのですが(^^;