はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『仮面ライダーカブト』#7感想

ここ数年、石田の悪のりについていけません
もうちょっと、広い心で見守るべきでしょうか。
ザビーさんに関しては、とりあえず来週まで保留。
正直、ネタとしての「ライダーを倒す為にライダー」みたいなのは好きではないのですが(去年の映画『THE FIRST』とかの場合はライダーと怪人がそもそも同カテゴリなので話がまた違う)、有耶無耶の内になんか信頼関係が出来て協力みたいなのは更に輪をかけて嫌いなので、なんか巧く変わった所にさばいてほしいものなんですけど。
当面の問題はいきなり主人公と特技がかぶっているのはどうなのか、て所だと思うのですが、そういえばあのチューリップの女の子もポトフが得意らしいし、料理の達人だらけになる予定ですかこの番組は。それならそれでアリですが。
シナリオとして一番まずかったのは、よくある駄目パターンと斬って捨ててしまえばそれまでですが、精鋭部隊を精鋭部隊らしく見せようと思ったら、既存の部隊がある程度まともでないと駄目なんですよ。今回のシナリオ・演出だと、既存の部隊が駄目駄目で(いわゆる、無理・無茶・無策の三拍子)、ようやく普通の部隊が出てきたという風にしか見えないので。というか、田所さんのチームはもしかしなくても落ちこぼれ集団ですか?
あと、どう見ても加賀美くんは後方からの撮影だけの筈がへっぽこ実働部隊がやられてしまった為に、やむなく自衛の為に武器を取ったのであって、何も悪くないと思うんですけど(笑) それとも、あそこにカメラ持って立っていた事がそもそもスタンドプレーなのか。
というわけで、シャドウのキャラ付けは率直に言っていきなり失敗したと思うので、次回以降の奮起に期待です。基本的にアクションしにくそうな格好なので、中入っている人達、大変そうだなぁとは思いますが。
加賀美くんはそうか、憧れ崇拝系か……そちらの路線はちょっと、苦手なんだよなぁ……。
そして、白服フェチのダークザイドワームさん。えー、『超光戦士シャンゼリオン』視聴者にとっては、フェチズムのある怪人=ダークザイド、という定義付け(おぃ)なんですけど、プロデューサーがプロデューサーだけに、ワームさん達の今後が心配です。
ちなみに、ダークザイドには、アイドル好き、ヒーロー好き、箸袋好きなど、色々おりました。
あと気になった所といえば、ザビーさんの声が軽い事。
けっこう今作、主役の声が格好いいというか、スーツに乗せた時に決め台詞が決まる、というのは特筆していい長所だと思っているのですが、それと比べるといきなり声で負けているザビーさんピンチ。
……なんかけなしてばかりなような気がしてきた(^^; 特にそういう意図はないんですけど。
えー、カブトのマスクドフォームが無造作に武器を取り出す所が好きです。
あーそうそう後、クロックアップ中に車の上でドタバタしていた時に、車のフロントガラスが砕けたカットが入っていたのは良かったです。本当は、そんな物じゃない衝撃な気もしますけど(笑) まあそこまでは突っ込まないという事で、にしても、クロックアップって連続かつ割と長時間使えるのね。
溜め時間とか必要だと思ってましたよ。
とりあえずまあ、来週まで全体的に保留。