はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

電波投げは中距離攻撃

◆ナシナさん
 >主人公のストロンガーって、対戦闘員でも対怪人でも特に苦戦するほどでもなく、バイクアクションは魅せる、
 >電気パワーで応用もできる。頭脳派まではいかなくとも、冷静さと判断力を持っていて、決して筋肉バカタイプではない。
基本、古典的個人ヒーローなので、完璧系なんですよねー。その辺りで、タックルが弱点をカバーできる存在として設定されていればまた違った面白さも出たのでしょうが、まだやはり、そこまでは難しかったのでしょうね(^^;
 >怪人に勝つことだけが活躍じゃないので、ほぼ毎回ゲスト怪人に突撃させずに、たまには作戦を見破ったりとか、
 >もっと自分から率先して一般人を助ける場面が増えたらいいなと思います。
奇械人に勝てないの自覚しているっぽい割には、率先して突撃するのですよねータックル(笑) この辺り、今後タックルの活躍パターンに広がりが出てくれるといいのですが。
 >ちなみに過去の昭和ライダーに登場したキャラクターだそうで、初めて昭和ライダーものを見る者としては温度差を感じます。
あー! そうですね、藤兵衛は全く説明ないので、初見だとさっぱりですよね(^^; 初代『仮面ライダー』からの名物サポートキャラで、この時期だと説明抜きで“世界観を繋ぐ”存在として扱われている模様です。《平成ライダー》でも「おやっさん」「喫茶店」などが登場する場合、基本この藤兵衛のオマージュだったりします。《昭和ライダー》世界のお約束シンボル的存在というか。
 >悪の組織としては残念なブラックサタンですが、子供を狙うとか遠まわしになってきて、回数を追うごとにこじんまりしているような気がします。
全体像が見えないうちに作戦が貧弱になってきてしまったのは、困った所ですね(^^; とりあえず、タイタンvsストロンガーの局地戦からスタート、みたいな事をやりたかったのでしょうが。
 >耳から虫が出てくるところとか相変わらず気持ち悪いなと思いつつ、出てくる怪人がちょっと困った愉快なモンスターになっています。
けっこう怪人は最後の砦な所があって、怪人がギャグに振れると歯止めが無くなりがちなので、踏みとどまって欲しい所はあるのですが(笑)
 >渋い雰囲気で誤魔化しているものの、指揮しているタイタンが初回から比べてどんどん下り坂にダメ上司に見えてきます。
当初割と、まともそうな上司だったんですけどね……(笑) 気がついたら、作戦と、部下の質が……。
 >ストロンガーも彼女とは逆に大概チートキャラなので、自己投影できればいいけど、ちょっとでも鼻についたら、今だといろいろ言われそうです。
城茂は、ああいう生き物だと思って楽しむ枠だと思います(笑)
◆さやまきさん
 >多分ゆいちゃんもう1回捕まえられたらプリキュア抜きで自力脱出しちゃうか檻の扉が閉まらなくなるかのどちらかですね
下手な作品だとここから、実はゆいちゃんは“絶望の巫女”だった! とかやる展開でしたね(笑) ……まあまだ、今作も油断は出来ないですけど。
 >とりあえずその辺の人達とかプリキュアも持ち回りで2回くらい檻に入っとけば
さすがにプリキュアを入れると、勝てないゼツボーグが生まれてしまいそうな(笑)