はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

超力と昆虫魂

◆さやまきさん
 >それと対立する新帝国の立ち位置って(苦笑)
なにぶんOP歌詞が「僕らは選ばれし者」ですから(笑)
 >そろそろ機械ってそんな簡単に爆発とかしないですよね〜ってツッコミ入りそうなタイミングですよね
この辺り、過渡期ですかねー。そういう変遷も面白い所ですね。
 >普通一般だと現生人類は万年単位ですけど他の戦隊とかオーパーツとか一節では億年単位で既に人類が存在したとも言われてますから
 >その頃からの因縁と考えると意外と深いのカモ?(苦笑)
……は?! 『オーレンジャー』−『ビーファイター』が地続き説を採用すると、超古代文明の頃からの戦い?!(笑)
 >どうやってそこまで封印されてたんだよとかはおいおいもっとちゃんと説明してくれるのか
それとなく現実の歴史を踏まえつつ、トンデモをこじつけてくれるのとか割と好きなので、メルザードにはその辺り、期待したい要素です。
 >メカはどんどんタイムボカンシリーズみたくなってるというかタツノコ化してるというか(笑)
言われてみると、そういう路線ですね(笑)
 >(例えば[あるゲーム(ライダー絡みの)]をプレイして一定以上のレベルになるとか一定以上の時間やり続けるとかすると
 >ゲームに取り込まれてしまうか怪人化してしまう現象があって、それを巷間ではゲーム病と言われている…とか)
ああ、そう考えると、「ゲームをクリアする(ボス怪人を倒す)」事で、「取り込まれた人を助け出す(患者を治療する)」というのも、すっきり繋がってきますね。
◆wander_sheepさん
 >それなら今後は永夢の変化・成長を描いてくれるのかなと、ちょっと希望が持てました。
ここは巧く繋げていって欲しい所ですね。第1歩目で盛大に転んだのが不安ですが(^^;
 >肝心の永夢の凄腕ぶりをこれまで特に見せつけていないので、そもそも自惚れるほどの腕なのかな、と思えてしまう。
見せるギミックが多すぎてキャラ周りの描写が後回しにされている、という問題点が思い切り出てしまいましたね。本来はゲーム関係の描写は、エムと子供達の距離感を示すのにも使える筈ですしね。
 >きっとあれですよ、鏡は小さいころに再放送で見たとかで、桐原剛造とかギバ様とかに憧れてたんですよ!
私をゲームの闇に包め! なるほど、第2話の変身はそういう浪漫……(笑)
 >・・・えーとたぶん「駄目な人」というよりは「極度のボンボン」描写なんだろうなーと思います。
あー、こういう環境でずっと育っていたので、これが普通だと思っている、みたいな。なるほどそう捉えると、5年前の彼女への態度も、なんとなく繋がりますね。周囲の人間が俺に気を遣って世話を焼くのは当たり前、的な。
 >急に取ってつけたような仲間意識に目覚められても困るので、現時点での「共闘」はこれくらいが精一杯ではと。
いきなり一致団結は凄く変なのでああいう感じだったのでしょうが、日向審議官の重みを巻き添えにしない工夫はもう少し欲しかったですよね(^^;
 >あと、蘭に負かされた対戦相手がいきなり立ち上がったので、絡まれるのかな?と思いきや
 >「参りました」と礼儀正しく一礼したのが、どうでもいいポイントですがちょっと面白かったです。
私もあそこは絶対絡まれると思ったのですが、蘭は大人げないのではなくて、一緒に戦うだけで価値がある真のチャンプなんだなーというのが腑に落ちて、地味に面白い演出でしたね。