はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ナムカプ色々8

いよいよ、クライマックスが近付いてきた感じ。大ボスクラスがぽこぽこと出てきます。
惜しむらくはシナリオの展開上、“攻め込んでいる”感が薄く、多少盛り上がりに欠ける所か。

  • なんでもありだサイコパワー
  • ところで、ベガも豪鬼も声が西村和道(多分)というのはどうなのか。
  • いや、スト2系の偉そうな人、という立ち位置がかぶるのですもの。
  • 後半になると「ムードメーカー」がかなり使える。
  • 同じく、回避カウンター(APとSP消費でダメージ完全無効)が効いてくる。
  • 思った以上に、各ユニットのスキル及びカウンター技の有無が、バランス考えて造られているような気がしてきて、評価が更に上昇。
  • 防御戦闘が面倒だと感じ出す前に、乗り切ってしまいそうです。
  • むしろ最近、始めた頃より気にならなくなってしまいました(笑)
  • 地形効果がどうこう、というゲームでは無いのでそれほど意味は無いのですが、とにかく舞台の移動スピードが早いシナリオ展開に合わせて、戦闘マップの見た目が毎回のごとく変わるバリエーションの豊富さは、無駄に細かい所まで描いている点を含めて(遊園地のマップではジェットコースターが走っていたりする)高評価。別に仕掛けがあるわけでなし、戦略的にも違いが出るわけではないのですけど。というか多分、見た目だけでも毎回変わってくれないと確実に飽きた気がするので、映像から受ける気分だけなんですが新鮮な気持ちで出来るというのは嬉しい。
  • ギル達の信仰対象は、「鎧」(おぃ)