はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『金剛番長』2話も読んだ

転校初日にして、「金剛……番長……」の呼び名が定着しつつある所は好き(笑)
あと、主人公がどうやらフェロモンを出しているらしい所も好き(笑)
結構この、なんか無理矢理な説教→改心、というパターンは嫌いではなく、時代劇みたいなものだと思って読むとこれはこれで有りかとか思ったのですが、そういえば作者は時代劇好きだし、思えば1話からそういう構成だったのか?
〔とある街道沿いの宿場町にやってきた謎の渡世人茶店の姉妹を助ける→茶店に因縁をつけてきたやくざものを退治→宿場町を取り仕切る豪商の道楽息子に目を付けられる→道楽息子と対立→先生、やっちまってください!→身重の妻と子供のために仕方なく道楽息子に従う剣客→おまえの剣が泣いているぜ→剣客、改心→説教→道楽息子、改心→そして渡世人が追いかける闇の軍団が姿を現す!〕
て所で次回から特撮になりそうですが、あまり“痛そう”じゃないといいなぁ……と、どこへ向けて転がっていくか予断を許しませんが、絵が巧い人だけに、そこはちょっと心配。
そんなわけで、なんかちょっと面白くなってきた。
あと今から、作者がコミックスのおまけとかでこのマンガやキャラについてどういうコメントをするのか、気になります(笑)